アゼラスチン塩酸塩錠1mg「日医工」

日医工

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は眠気、倦怠感、口渇、悪心、嘔吐、動悸、鼻乾燥、頻尿などがあらわれる可能性があります。

使用上の注意点

◼︎高齢者は生理機能が低下している場合が多いため、使用量を減量するなど注意して使用するようにしてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ使用を控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中はできるだけ使用を控えることとなっています。止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間の授乳を避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎アゼラスチン塩酸塩錠との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を飲んでから約4.5時間後とされています。
また、その後、約17時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

ロイコトリエン産出・遊離抑制、拮抗作用、ヒスタミン遊離抑制、抗ヒスタミン作用、炎症細胞の遊走・湿潤抑制作用、活性酸素産生抑制作用などがです。