インフルエンザでも母乳でうつることはない!

授乳中のお母さんがインフルエンザに感染してしまった場合、一番気になるのは母乳への影響ではないでしょうか。

ご安心ください。
インフルエンザウイルスは母乳へは移行しないため、お母さんのインフルエンザが母乳を介して赤ちゃんに感染することはありません。

母乳には赤ちゃんをウイルスや細菌から守る物質が含まれており、母乳を飲むことによって赤ちゃんの免疫力が上がる効果があります。
お母さんが授乳を中断することによって、免疫を受け取ることができなくなり、かえって赤ちゃんがインフルエンザに感染するリスクが高くなるケースももあります。

また、授乳を中断させることで乳腺が詰まってしまい、乳腺炎につながるケースもあります。乳腺炎になるとお母さんの身体にも精神的にも大きな負担になります。

そのため母乳をやめる必要はなく、むしろ与え続けた方が良いのです。

母乳以外で感染する可能性はあり!

母乳からインフルエンザウイルスに感染することはありませんが、空気感染・接触感染・飛沫感染と、通常の感染経路でインフルエンザに感染する可能性はあります。

授乳で赤ちゃんと密着したときに咳やくしゃみをしたり、インフルエンザウイルスが手についたままでおっぱいをさわり、おっぱいにインフルエンザウイルスが付着したままで授乳をすると、赤ちゃんが感染してしまう危険性はあります。

インフルエンザの感染がわかっている場合は、搾乳してお父さんや他の家族の方にあたえてもらうようにしましょう。

授乳中にインフルエンザの薬は使ってもいい?

インフルエンザの薬以外でもほとんどの薬には「投与中は授乳を中止させること」又は「投与しないこと」などの注意喚起が行われています。
赤ちゃんに有害な影響を及ぼす恐れがある抗がん薬、免疫抑制薬、放射性物質など限られた薬では断乳が必要ですが、その他の薬は授乳中は医師の診断、相談の上で処方されます。
インフルエンザで病院を受診した際には、授乳であることを必ず医師に申告して指示を受けましょう。

抗インフルエンザ薬

アメリカ小児科学会やWHOでは、抗インフルエンザ薬と母乳の関係について、多くの症例報告から安全性を審査しています。
日本産科婦人科学会でも、授乳中に抗インフルエンザ薬を避けるべきとはしていません。
実際に処方される抗インフルエンザ薬をみていきましょう。

◼︎タミフル(カプセル)
お母さんが服用しても、母乳から出るタミフルの成分は非常に少ないため、赤ちゃんへ影響が出る可能性はほとんどないと考えられています。1日2回5日間服用を続けます。

◼︎リレンザ(吸入剤・専用の吸入器を使用)
吸入で使われるため、血液の中へはほとんど入らないとされているので母乳へもほとんど進行しません。

◼︎イナビル(吸入粉末剤)
日本小児科学会では、授乳中のイナビル投与の安全性は高いとしてます。1度の吸入で治療が完結することも特徴です。

◼︎ラピアクタ(注射液)
赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられていますが、臨床データがまだ少ないため、授乳中はタミフルかリレンザを処方されることが多いです。1回15分程度の点滴治療ですむのがメリットです。

どうしても抗インフルエンザ薬を飲むことに不安がある方は、母乳中の薬の濃度が最高値になる薬の服用後の2〜3時間をさけて授乳しましょう。


image by photoAC

市販の解熱鎮痛剤・タイレノール

特に授乳中の場合、インフルエンザは病院での診断と治療が望ましいです。
しかし、土日祝日夜間など病院に行けないときにどうしてもつらい場合は、インフルエンザのときに使える市販薬を活用します。

タイレノールは薬局・ドラッグストアなどで購入することができるアセトアミノフェンを成分とした解熱鎮痛剤です。アセトアミノフェンは安全性が高く、インフルエンザの際に使用されることが多い薬です。

ただし、タイレノール自体はあくまで解熱鎮痛薬であるため、インフルエンザそのものを治す効き目はありません。また、インフルエンザの初期に熱を無理に下げるとウイルスを排除できにくくなり結果的に回復が遅れるという可能性もあります。
タイレノールの使用は、あくまで必要最低限に留めた方が良いでしょう。

タイレノールは授乳中でも使用が禁止されていない薬です。母乳への移行はほんのわずかですが、気になる方は母乳中の薬の濃度がピークになる服用後1〜2時間の時間は、授乳を避けましょう。

関連記事:インフルエンザにカロナール!アセトアミノフェンの効果と市販薬

なお、解熱鎮痛剤の中には、インフルエンザ脳炎・脳症を引き起こすことがあるため、インフルエンザ中には使用してはいけない成分があるので、市販薬を使用する際は十分にご注意ください。

関連記事:インフルエンザに使える市販薬は?解熱鎮痛剤を選ぶ時のポイント

授乳中にインフルエンザ予防接種は受けられる?

授乳中でもインフルエンザ予防接種を受けること可能です。
一般的なインフルエンザワクチンは、不活性化ワクチンといって細菌やウイルスを殺したワクチンを利用しています。そのためウイルスが体内で増殖することはなく、母乳に移行することもほぼないため、赤ちゃんに影響はありません。

また、インフルエンザワクチンは鶏卵を原料としていますが、こちらも赤ちゃんへの移行はごくごく微量なので卵アレルギーの方も安心してください。
ただし、重度の卵アレルギーの場合は医師に相談しましょう。

授乳中に予防接種を受けるタイミングは?

原則として、産後1か月健診を終えた方は予防接種が可能です。産後1か月未満の方は、かかりつけの医師に相談しましょう。

また、お母さんだけでなく、お父さんや兄姉も一緒にインフルエンザの予防接種を受けて、家族全体で感染予防の対策を行いましょう。


image by photoAC

インフルエンザを赤ちゃんや家族にうつさないために

お母さんがインフルエンザを発症したら、一刻も早く完治させることが大切です。赤ちゃんにインフルエンザをうつさないためにも、ポイントを確認しておきましょう。

マスクは必須

咳やくしゃみからの飛沫感染を防ぎます。特にお母さんは、赤ちゃんとの距離が近いためマスクをつけてください。

鼻をかんだらすぐに手を洗う

鼻をかんだ手で赤ちゃんに触れるのは、ウイルスを赤ちゃんにうつしているのと同じです。日頃から習慣づけておくとよいですね。ティッシュは蓋つきのごみ箱へ捨てましょう。

適度な加湿とこまめな換気

高熱だと動くのも大変ですが、加湿器を利用して50-60%の湿度を保ちましょう。室温は18-20度がよいとされています。そして体を冷やさないようにしましょう。
また、寒いからといって全く換気をしないのはウイルスにとって好都合な環境でしかありません。日中にできるだけ換気を行い、空気の入れ替えを行いましょう。

水分補給

高熱のときの授乳は特に脱水症状に気をつける必要があります。また水分をとることで痰を切る効果もあります。

シーツや枕カバーの交換

お母さん自身の回復をはかることに大変有効ですが、交換が難しければ、寝る前にバスタオルを掛け布団の口元のあたり、枕、シーツの代わりにそれぞれ使えば交換はかんたんにできるのでオススメです。

おわりに

授乳中にインフルエンザにかかっても母乳には影響ありませんが、一番大切なことは、インフルエンザを赤ちゃんにうつさないことです。
予防接種を受けて発症を予防したり、発症してしまった場合は抗インフルエンザ薬を使用するなどして早めに治療しましょう。

授乳中は体力を消耗してお母さんも大変ですが、お母さんにも赤ちゃんにも負担にならないよう、できるだけインフルエンザを予防したいですよね。
お母さんだけでなく、家族みんなで、予防接種や日頃の手洗いうがいなど気をつけて、冬の流行を乗り切っていきましょう。