タゾピペ配合静注用4.5「CHM」

ケミックス

処方薬 後発 注射剤

基本情報

副作用

主な副作用としては、
一般感染症の場合:下痢、便秘、発疹、嘔吐及び発熱、肝機能異常及び頭痛、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、好酸球増多、Al-P上昇

発熱性好中球減少症の場合:下痢、肝機能異常、低カリウム血症、発疹、腎機能障害、γ-GTP上昇、クレアチニン上昇、ALT(GPT)上昇
などがあります。


下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

・ショック、アナフィラキシー:
冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼーとした息苦さ、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れるなど。

・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症:
高熱(38℃以上)、目の充血、めやに(眼分泌物)、まぶたの腫れ、目が開けづらい、唇や陰部のただれ、排尿・排便時の痛み、のどの痛み、皮ふの広い範囲が赤くなるなどがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする、皮ふの広い範囲が赤くなる、赤くなった皮ふ上に小さな白いブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする。

・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸:
発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、意識がなくなる、意識の低下、食欲不振、羽ばたくような手のふるえ、皮膚が黄色くなる、尿が黄色い、白目が黄色くなる、判断力の低下、倦怠感、黄疸、発疹、かゆみ

・急性腎不全、間質性腎炎:
尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるい、発熱、関節の痛み、はき気、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状など
また、これらの症状が持続したり、その後にむくみ、尿量が少なくなるなどが見られた場合は、すぐに医療機関を受診してください。

・汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少症、溶血性貧血:
めまい、耳鳴り、息切れ、動悸、あおあざができる、出血しやすい、発熱、のどの痛み、鼻血、歯ぐきの出血、あおあざができる、皮下出血、出血が止まりにくい、顔色が悪い、疲れやすい、だるい、頭が重い

・偽膜性大腸炎:
頻ぱんに下痢がおきる、粘性のある便、お腹が張る、腹痛、発熱、吐き気など

・間質性肺炎、PIE症候群:
階段を登ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳(からせき)が出る、発熱する、などがみられ、これらの症状が急に出現したり、持続したりする、発熱、咳、息苦しい、息切れ

・横紋筋融解症:
手足・肩・腰・その他の筋肉が痛む、手足がしびれる、手足に力がはいらない、こわばる、全身がだるい、尿の色が赤褐色になる

・薬剤性過敏症症候群:
皮ふの広い範囲が赤くなる、高熱(38℃以上)、のどの痛み、全身がだるい、食欲が出ない、リンパ節がはれるなどがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする

使用上の注意点

下記のような方は本剤を使用しないでください。

・本剤の成分又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者

・伝染性単核球症の患者[ペニシリン系抗生物質の投与で発疹が出現しやすいという報告があります]


下記のような方は本剤の使用には注意が必要です。
症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。

・セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者[ショックがあらわれるおそれがあるので、十分な問診を行うことになっています]

・本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー反応を起こしやすい体質を有する患者[アレルギー素因を有する患者は過敏症を起こしやすいので、十分な問診を行うことになっています]

・腎障害のある患者(血液透析患者を含む)[高い血中濃度が持続するので、投与量の減量又は投与間隔をあけて投与することになっています]

・経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[食事摂取によりビタミンKを補給できない患者では、ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うことになっています]

・出血素因のある患者[出血傾向を助長するおそれがあります]

・肝障害のある患者[血中濃度が持続するおそれがあります]

・高齢者

・乳・幼児[乳・幼児(2歳未満)については下痢、軟便が発現しやすくなっています〕

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中はできるだけ控えることとなっています。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。

低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していません。
乳・幼児(2歳未満)については下痢、軟便が発現しやすいので慎重に投与することになっています。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

・プロベネシド:
タゾバクタム及びピペラシリンの半減期が延長することがある。

・メトトレキサート:
メトトレキサートの排泄が遅延し、メトトレキサートの毒性作用が増強される可能性がある。血中濃度モニタリングを行うなど注意すること。

・抗凝血薬
 ワルファリン等:
血液凝固抑制作用を助長するおそれがあるので、凝血能の変動に注意すること。

薬効・薬理

タゾバクタムは、それ自体の抗菌作用は弱いが、β-ラクタマーゼに対して不可逆的阻害作用を示すので、β-ラクタム系抗生物質と組み合わせて用いる。通常、ピペラシリンとの合剤とする。