タツジピン錠2.5mg

辰巳化学

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は、咳嗽、めまい・ふらつき、頭痛、血清クレアチニン上昇、BUN上昇等です。


下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を服用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

血管浮腫
急に、くちびる、まぶた、舌、口の中、顔、首が大きくはれる、のどのつまり、息苦しい、話しづらい
※息苦しい場合は、救急車を利用して直ちに受診してください。

急性腎不全
尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるい

高カリウム血症
唇がしびれる、手足が動きづらい、手足に力が入らない、手足のしびれ、手足のまひ、筋肉が衰える、筋力の減退

肝炎、肝機能障害、黄疸
倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、吐き気・おう吐、かゆみ、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる

無顆粒球症、好中球減少
突然の高熱、さむけ、のどの痛み

膵炎
急に胃のあたりがひどく痛む、吐き気、おう吐がみられる。お腹の痛みはのけぞると強くなり、かがむと弱くなる

使用上の注意点

次のような方は本剤を服用しないでください。

1.本剤でアレルギー発作を起こした事のある方

2.血管浮腫の既往歴のある患者(アンジオテンシン変換酵素阻害剤等の薬剤による血管浮腫、遺伝性血管浮腫、後天性血管浮腫、特発性血管浮腫等)

3.デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の患者

4.アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析施行中の患者

5.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

6.アリスキレンを投与中の糖尿病患者(ただし、他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の患者を除く)


下記のような患者は本剤の服用には注意が必要です。
症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。

1.両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者

2.高カリウム血症の患者

3.重篤な腎障害のある患者

4.高齢者

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊婦又は妊娠している可能性のある方、授乳中の方は投与しないでください。

未熟児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は併用して本剤を服用しないでください。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。


デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスの施行(リポソーバー、イムソーバTR、セルソーバ)

併用禁忌です。
ショックを起こすことがあります。

アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析

併用禁忌です。
アナフィラキシーを発現することがあります。



以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

アリスキレン

腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあるため、腎機能、血清カリウム値及び血圧を十分に観察すること。
なお、eGFRが60mL/min/1.73m²未満の腎機能障害のある患者へのアリスキレンフマル酸塩との併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避けること。

アンジオテンシンII受容体拮抗剤

腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあるため、腎機能、血清カリウム値及び血圧を十分に観察すること。

カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、トリアムテレン等)
カリウム製剤

血清カリウム値が上昇することがあるので、血清カリウム値に注意すること。

シクロスポリン

血清カリウム値が上昇することがあるので、血清カリウム値に注意すること。

カリジノゲナーゼ製剤

本剤との併用により過度の血圧低下が引き起こされる可能性があります。

降圧作用を有する他の薬剤(利尿降圧剤、ニトログリセリン製剤等)

降圧作用が増強されることがあるので、両剤の用量に注意すること。

リチウム製剤 (炭酸リチウム)

リチウム中毒が報告されているので血中のリチウム濃度に注意すること。

非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)(COX-2選択的阻害剤、インドメタシン等)

降圧作用が減弱されることがあるので、本剤の用量に注意すること。
腎機能を悪化させるおそれがあります。

ジペプチジルペプチダーゼ-IV阻害剤(ビルダグリプチン等)

ビルダグリプチンとアンジオテンシン変換酵素阻害剤を併用している患者では、併用していない患者に比べて血管浮腫の発現頻度が高かったとの報告があります。

薬効・薬理

ベナゼプリル塩酸塩は経口投与後、加水分解により活性代謝物であるジアシド体(ベナゼプリラート)に変換されます。ベナゼプリラートは、血中・組織中のアンジオテンシン変換酵素(ACE)を特異的に阻害することで、アンジオテンシンIIの生成を抑制し、末梢血管抵抗を減弱させることにより、降圧作用を増強する。