タリオンOD錠5mg

田辺三菱製薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として眠気、口渇、悪心、胃痛、下痢、胃部不快感、倦怠感、嘔吐などです。子供の場合、眠気、口渇、蕁麻疹などがあります。

使用上の注意点

■ベポタスチンベシル酸塩に対しアレルギー反応を起こしたことのある方は使用できません。

■高度の腎障害のある方や高齢者は腎機能が低下していることが多く薬の効果に影響を及ぼす可能性が高いので、使用後の体調の変化にご注意ください。

■タリオン服用後に眠気を催すことがありますので、自動車の運転や危険を伴う機械を操作する仕事に従事している方は注意してください。

■長期ステロイド療法を受けている方で、タリオンを使用することによりステロイドの減量を図る場合には十分な管理下で徐々に行ってください。

■タリオンを花粉症など季節性の症状に使用する場合は、症状がでる直前から使用し、花粉のシーズンが終わるまで継続して使用を続けることが望まれます。

■タリオンの効果が感じられない場合には、漫然と長期にわたって使用せずに医師に相談してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

■7歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

タリオン錠との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。よく一緒に使われる薬として、痰を除去する薬のムコダインや解熱鎮痛剤のロキソニンなどがありますが、これらの薬との飲み合わせも特に問題はありません。

アルコールとの飲み合わせなどについての詳細は下記の記事をご参照ください。
<a href="https://minacolor.com/cms/prepost/show/2784">【花粉症の薬】タリオンの副作用は?眠気や酒・アルコールとの飲み合わせについて</a>

薬効・薬理

ヒスタミンH1需要拮抗作用、1型アレルギー反応抑制作用、好酸球浸潤を抑制する作用などがあります。