タリオン(処方薬)

錠剤

タリオン(処方薬)の基本情報

内用薬があります。以下はタリオンに関する代表的なお薬に関する説明です。

内用薬の基本情報(タリオン錠10mg)

タリオン錠10mgは花粉症などによるアレルギー性鼻炎、や蕁麻疹、皮膚のかゆみなどを改善する第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)です。特徴はアレルギー反応を起こす化学物質(ヒスタミン)の受容体を阻害し、働きを抑える作用に優れていると同時に、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて眠気や口の渇き、排尿障害などの副作用が軽減されています。しかし優れた薬効があるとはいえ、薬の効果はあくまでも対処療法で、アレルギーの原因そのものの改善ではないことを知っておきましょう。
タリオン錠10mgはアレルギー性鼻炎への有効性が認めれ、2000年10月に販売されました。剤型は他に5mg錠や口の中で溶かして使用するOD錠があります。

タリオン(処方薬)の薬価比較

タリオンおよびタリオンの同種・同効薬やジェネリック(後発薬)の薬価を比較することができます。表の見出しをクリックすると並び替えができ、医薬品名をクリックするとより詳細な情報がご覧いただけます。

薬価比較に関する注意事項

  • 最新情報では無い可能性があります。また、一部に経過措置品目などが含まれている可能性があります。
  • 規格(単位、製剤)や製造メーカーにより、効能・効果が異なることがあります。

薬価とは?

病院の薬の公定価格であり、単位・メーカー・先発品かジェネリックかによって違いがあります

ジェネリック(後発薬)とは?

先発品の特許切れのあとに発売される同一成分の同種同効薬です

タリオン(内用薬)

薬名 薬価 先発/
ジェネリック
タリオンOD錠10mg 41.40円/錠 先発
タリオンOD錠5mg 34.60円/錠 先発
タリオン錠10mg 41.40円/錠 先発
タリオン錠5mg 34.60円/錠 先発

タリオン(内用薬)と同じ効果が見込めるお薬

薬名 薬価 先発/
ジェネリック
ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「タナベ」 17.40円/錠 ジェネリック
ベポタスチンベシル酸塩錠5mg「タナベ」 17.40円/錠 ジェネリック
ミドドリン塩酸塩錠2mg「トーワ」 12.80円/錠 ジェネリック
ユビデカレノン錠10mg「イセイ」 5.80円/錠 ジェネリック

タリオンについてわからないことがあれば
薬剤師に相談してみましょう

タリオンのお役立ち情報

  • 【花粉症薬】タリオンの効果・副作用について解説

    【花粉症薬】タリオンの効果・副作用について解説

    タリオンは花粉症などのアレルギー症状を改善に使用される薬で、錠剤タイプとOD錠タイプがあります。この記事ではタリオンの効果や眠気などの副作用について解説します。また、アルコールや他の薬との飲み合わせや、タリオンのジェネリック医薬品や市販薬の有無についても掲載しています。

  • タリオン(ベポタスチン)のジェネリック・市販薬について

    タリオン(ベポタスチン)のジェネリック・市販薬について

    アレルギー鼻炎や花粉症などアレルギーの治療薬・タリオン(ベポタスチン)。今回は、タリオンのジェネリック医薬品や同成分の市販薬について解説します。

  • タリオンにジェネリック医薬品が登場!AGって何?価格の違いは?

    タリオンにジェネリック医薬品が登場!AGって何?価格の違いは?

    これまでタリオンにはジェネリック医薬品の取り扱いがありませんでしたが、2018年3月1日にリブロからタリオンのオーソライズド・ジェネリック医薬品(AG)が発売され、その後さまざまな製薬会社から通常のジェネリック医薬品も発売されました。この記事では、タリオンのジェネリック医薬品について解説します。また、オーソライズド・ジェネリック医薬品についての解説とともに、薬価や有効成分「ベポタスチンベシル酸塩」の働きなどについて詳しく解説します。

タリオンに関するみんなの疑問