チェックワンシリーズは、アラクスから販売されている妊娠検査薬です。

判定精度99%以上の正確さ、判定時間の短さ、判定結果が残るためパートナーと一緒に確認できるなど、妊活中の方にも人気のある妊娠検査薬のシリーズです。

この記事ではチェックワンシリーズの妊娠検査薬を徹底解説します!

チェックワンで妊娠がわかる仕組み

受精卵が着床して妊娠が成立すると、hCGというホルモンが胎盤で作られます。hCGは妊娠直後は分泌量が少ないですが、妊娠後にくる生理予定日頃から分泌量が増え、尿から検出され始めます。

チェックワンは尿中のhCGの分泌量を測り、妊娠の可能性を判定します。

尿の中にhCGが検出されれば陽性、検出されなければ陰性で、陽性なら妊娠の可能性があります。

チェックワンシリーズの使い方

チェックワンシリーズはスティック型で検査のための採尿が簡単なことが特徴です。

製品のカバーを外して検査薬が含まれている尿吸収体の部分に尿をかけて使用します。尿吸収体の部分にうまく尿をかけられない場合は、紙コップに尿を入れて尿吸収体を浸します。

その後、水平なところに置いて待つと1分程度で判定結果がでます。

妊娠検査薬の判定は正しい?

チェックワンシリーズの妊娠判定精度はどれも99%以上と、高い確率で妊娠の有無を判定します。

ただし、尿中のhCGの分泌には個人差があります。人によっては妊娠初期では尿中のhCGが十分に出ずに陰性になる場合があります。判定結果が陰性でも生理が始まらない場合は、三日以上時間を置いて再検査をするか、産婦人科医に相談してください。妊娠の心当たりがある人も早めに産婦人科医の診断を受けましょう。

なお、妊娠検査薬は妊娠の有無は高い確率で判定できますが、妊娠が正常な状態かどうかは判定できません。陽性が出たらできるだけ早く産婦人科医の確定診断を受けてください。

チェックワンシリーズを比較!

チェックワンファスト:フライング検査ができる妊娠検査薬

チェックワンファストは、日本製で唯一フライング検査ができる妊娠検査薬です。

通常の市販されている妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査が可能になりますが、チェックワンファストは生理予定日当日から検査できます。

妊娠の有無を一刻も早く早く知りたい方におすすめです。

チェックワンファストは、検出感度の高い医療用の妊娠診断補助試薬であり、薬剤師による対面販売が必要なため、取り扱いのある薬局・ドラッグストアは限られているため注意しましょう。

チェックワンデジタル:デジタル表示で判定結果をチェック!

【第2類医薬品】チェックワンデジタル 3回用

チェックワンデジタルの最大の特徴は、判定窓が液晶画面になっており、判定結果がデジタル式ではっきりわかることです。判定線を+、-で表示するため、薄い判定線のように判定結果に迷うことはありません。

生理予定日の1週間後から使用が可能です。

薬局・ドラッグストア・登録販売者がいるコンビニエンスストア・Amazonなどのインターネットで購入することが可能です。

チェックワン:判定結果が残る!

【第2類医薬品】チェックワン 2回用

生理予定日の約1週間後から判定可能です。

判定窓に、赤紫色のラインが出れば陽性(妊娠している可能性がある)、判定窓にラインがでなければ陰性(妊娠反応が認められない)です。

ほとんどの妊娠検査薬が判定結果が数分で消えてしまうのに対し、チェックワンは判定結果が残すことができるため、パートナーと一緒に妊娠の確認することができます。

薬局・ドラッグストア・登録販売者がいるコンビニエンスストア・Amazonなどのインターネットで購入することが可能です。

おわりに

妊娠していた場合、生理予定日はすでに妊娠約4週目にあたります。妊娠初期は胎児の脳や臓器の形成に重要な時期なので、できるだけ早く妊娠に気づくことが大切です。

妊娠を望む場合も、そうではない場合も、妊娠検査薬をうまく活用してライフプランに役立てましょう。