チワンカプセル10

沢井製薬

処方薬 後発 カプセル

基本情報

副作用

主な副作用は、口渇、便秘等です。

下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を服用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

ショック、アナフィラキシー
皮ふのかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、冷や汗、息苦しさ、どうき、めまい、血の気が引く、息切れ、判断力の低下、意識の混濁など
※息苦しい場合は、救急車などを利用して直ちに受診してください。

肝機能障害、黄疸
倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、吐き気・おう吐、かゆみ、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿が褐色になる

使用上の注意点

下記のような方は本剤を服用しないでください。

1.緑内障の患者
2.前立腺肥大による排尿障害のある患者
3.重篤な心疾患のある患者
4.麻痺性イレウスの患者
5.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

1.前立腺肥大のある患者
2.甲状腺機能亢進症の患者
3.うっ血性心不全のある患者
4.不整脈のある患者
5.潰瘍性大腸炎の患者
6.高温環境にある患者
7.高齢者

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中、授乳中も服用前に医師・薬剤師に相談してください。
妊娠中はできるだけ控えることとなっています。
どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。
授乳中も同様で、止むを得ず服用する場合は、授乳を避けてください。

小児、新生児、乳児、幼児に対する安全性はまだ確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

三環系抗うつ剤(アミトリプチリン,イミプラミン等)
フェノチアジン系薬剤(プロクロルペラジン,クロルプロマジン等)
抗ヒスタミン剤(クロルフェニラミン,ジフェンヒドラミン等)
本剤の作用が増強されることがあります。

モノアミン酸化酵素阻害剤
本剤の作用が増強されるおそれがあります。


薬効・薬理

ムスカリン受容体において、アセチルコリンやコリン作動薬と競合的に拮抗し、副交感神経支配臓器の活性を抑制します。その結果、胃腸管の緊張と運動抑制及び胆嚢、胆管、尿管の緊張を取り弛緩させ、攣縮を鎮める。