ディレグラ配合錠

サノフィ

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として、頭痛、発疹、疲労、口の渇きなどがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。
体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、アナフィラキシー
・痙攣
・肝機能障害、黄疸
・無顆粒球症、白血球減少、好中球減少
・急性汎発性発疹性膿疱症

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はディレグラ配合錠を使用できません。
・ディレグラ配合錠の成分であるフェキソフェナジン塩酸塩や塩酸プソイドエフェドリン、及び塩酸プソイドエフェドリンと化学構造が類似する化合物(エフェドリン塩酸塩またはメチルエフェドリン塩酸塩を含有する製剤)に対しアレルギー発作を起こしたことがある方。
・重症の高血圧の方
・重症の冠動脈疾患の方
・狭隅角緑内障の方
・尿閉のある方
・交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈などの経験のある方

■下記に当てはまる方はディレグラ配合錠使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・糖尿病の方
・高血圧の方
・虚血性心疾患の方
・眼圧上昇のある方
・甲状腺機能亢進症の方
・前立腺肥大のある方
・腎機能障害のある方

■高齢者は一般に腎機能が低下しているため、慎重に使用してください。

■ディレグラ配合錠は噛んだり、砕いたりせず、水と一緒にそのまま飲んでください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中も同様に使用を控えることとなっていますが、止むを得ず使用する場合は薬が効いているとされる間の授乳は避けてください。

■低出生体重児および12歳未満については使用経験が少ないため安全性が確立されていませんが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム含有製剤)
・エリスロマイシン
・交感神経系に対し抑制的に作用する降圧剤(メチルドパ、レセルピン)
・交感神経刺激薬
・選択的MAO-B阻害剤(セレギリン)

薬効・薬理

選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用、炎症性サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用、ケミカルメディエーター遊離抑制作用があります。