デカドロン錠0.5mg

日医工

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は、月経異常、下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、多幸症、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝、浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス、中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出、白血球増多、ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・脆弱化、脂肪織炎、発疹、発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子数及びその運動性の増減、しゃっくり等です。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。

・誘発感染症、感染症の増悪
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
・消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎
・精神変調、うつ状態、痙攣
・骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折
・ 緑内障、後嚢白内障、中心性漿液性網脈絡膜症、多発性後極部網膜色素上皮症
・血栓塞栓症

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はデカドロン錠0.5㎎を使用できません。

・デカドロン錠0.5㎎の成分(デキサメタゾン)に対し過敏症を起こしたことのある人。

◼︎下記に当てはまる方は原則としてデカドロン錠0.5㎎を使用できません。

・有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症を患う方。
・消化性潰瘍を患う方。
・精神病を患う方。
・結核性疾患を患う方。
・単純疱疹性角膜炎を患う方。
・後嚢白内障を患う方。
・緑内障を患う方。
・高血圧症を患う方。
・電解質異常のある方。
・血栓症を患う方。
・最近行った内臓の手術創のある方。
・急性心筋梗塞を起こしたことのある方。
・コントロール不良の糖尿病を患う方。

■下記のような方は本剤の使用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。

・感染症を患う方。
・糖尿病を患う方。
・骨粗鬆症を患う方。
・腎不全を患う方。
・甲状腺機能低下のある方。
・肝硬変を患う方。
・脂肪肝を患う方。
・脂肪塞栓症を患う方。
・重症筋無力症を患う方。
・高齢者。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の使用はできるだけ控えることとなっています。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。

■授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。

■低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性はまだ確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■下記のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

・バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール)、リファンピシン、カルバマゼピン
・フェニトイン
・サリチル酸誘導体(アスピリン)
・抗凝血剤(ワルファリンカリウム):
・経口糖尿病用剤(アセトヘキサミド)、インスリン製剤
・血圧降下剤
・利尿剤
・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)トリクロルメチアジド、フロセミド)
・シクロスポリン
・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン)、アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール)
・HIVプロテアーゼ阻害剤(サキナビル、リトナビル、インジナビル
・エフェドリン
・サリドマイド製剤

薬効・薬理

合成副腎皮質ホルモン製剤であり、糖・蛋白・脂質等の代謝、生体の免疫反応等に影響し、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫反応を抑える作用など多くの作用を示します。