テトラサイクリン系抗生物質とは

テトラサイクリン系抗生物質は、放線菌から作られる抗生物質です。

以前は幅広い種類の細菌に効果があったのでよく使用されましたが、現在では多くの細菌がテトラサイクリン系抗生物質への耐性を持ってしまったため、使える細菌が限定されています。

テトラサイクリン系の主な薬は、テトラサイクリン(アクロマイシン)、ミノサイクリン(ミノマイシン)、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)、デメチルクロルテトラサイクリン(レダマイシン)、オキシテトラサイクリン(オキシテトラコーン、テラマイシン)などです。

テトラサイクリン系抗生物質の剤形にはカプセル剤、軟膏などの外用薬、注射薬があります。

テトラサイクリン系抗生物質の効能・効果

テトラサイクリン系抗生物質は、ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌、大腸菌など、さまざまな細菌に効果があります。

テトラサイクリン系抗生物質の特徴は、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質が効かないクラミジア、リケッチア、マイコプラズマに効果があることです。また、炭疽菌やインフルエンザ菌にも効果があり、ミノサイクリンは一部のMRSAに、ドキシサイクリンはコレラ菌に対して効果があります。

〈適応菌種〉

デメチルクロルテトラサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、軟性下疳菌、百日咳菌、野兎病菌、ガス壊疽菌群、ワイル病レプトスピラ、リケッチア属、クラミジア属、肺炎マイコプラズマ (マイコプラズマ・ニューモニエ)

〈適応症〉

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、淋菌感染症、軟性下疳、性病性 (鼠径) リンパ肉芽腫、子宮内感染、涙嚢炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱、炭疽、百日咳、野兎病、ガス壊疽、ワイル病、発疹チフス、発疹熱、つつが虫病

レダマイシンカプセル150mg 添付文書

テトラサイクリン系抗生物質の使用上の注意

テトラサイクリン系抗生物質を使用して、じん麻疹などの過敏症状を起こしたことがある方は使用できません。

肝・腎障害の方、飲食物を飲み込むことが困難な方は副作用が強くあらわれたり、ビタミンK欠乏症があらわれたりする可能性があるので、薬の服用後の体の状態について必ず医師に報告してください。

妊娠中・授乳中の使用

妊娠中の方が使用すると、胎児に発育不良があらわれる可能性があります。妊娠の有無や妊娠している可能性について、必ず医師に報告してください。

授乳中に使用する場合、テトラサイクリン系抗生物質を使用している間の授乳は避け、授乳再開時期については医師・薬剤師に問い合わせてください。

子どもの使用

過敏症などによりほかの抗生物質が使用できない場合や、ほかの抗生物質では効果がないといった場合にのみ使用するケースがあります。

とくに全ての歯が永久歯に生えかわっていない子どもが使用すると、歯の着色(歯牙着色)や歯の形が悪くなる(エナメル質形成不全)などが起こる可能性があります。また、一過性ではありますが骨の発育不全を起こすことがあるので、医師の指示がない限りはテトラサイクリン系抗生物質を子どもに使用しないでください。

歯の着色について

テトラサイクリンによる歯の着色はテトラサイクリン歯と呼ばれることもあり、程度によって薄いものから黒っぽくなっているものまでさまざまです。横にシマ模様に着色するケースもあります。

テトラサイクリン歯はホワイトニングやラミネートベニアなど、さまざまな方法で改善できます。保険内で行える治療もあるので、テトラサイクリン歯が気になる方は歯科医師に相談してみましょう。

テトラサイクリン系抗生物質の副作用

テトラサイクリン系抗生物質は剤形によって起こりやすい副作用に違いがあります。

飲み薬の場合

錠剤やカプセル剤などの飲み薬では、お腹が緩くなることがあります。多少お腹が緩くなる程度であれば、抗生物質が腸内の細菌へ作用して起こるものなので過度に心配する必要はありません。ほかにも、吐き気などの胃腸症状、じん麻疹などの過敏症状、めまい、頭痛、舌炎、口内炎、ほかの感染症の発症などの副作用がみられます。

重大な副作用としては、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、肝機能障害、黄疸などさまざまな症状が現れる可能性があります。

テトラサイクリン系抗生物質の使用後に体調に変化があった場合は、すぐに医師・薬剤師に相談してください。

軟膏の場合

発疹や皮膚炎、ほかの感染症の発症などの副作用がみられます。

重大な副作用は報告されていません。

テトラサイクリン系抗生物質の飲み合わせ

テトラサイクリン系抗生物質との飲み合わせで禁止されているものはありませんが、注意が必要な食物や薬があります。

とくに注意したいのが、牛乳や乳製品などカルシウムを多く含んだ食品やサプリメントです。カルシウムを一緒に摂取すると薬の作用が弱まってしまうので、テトラサイクリン系抗生物質を使用中はカルシウムとの服用間隔を2~4時間空けて服用してください。

また、マグネシウム、アルミニウム、鉄分などもカルシウム同様に薬の効果を弱めてしまうので、テトラサイクリン系抗生物質を使用中は両剤の服用間隔を2~4時間空けて服用してください。

ほかにも、黄体・卵胞ホルモン剤や経口避妊薬はテトラサイクリン系抗生物質と併用すると効果が弱くなるなど、注意が必要な薬があるので、使用中の薬がある方は必ず医師・薬剤師に報告してください。

おわりに

テトラサイクリンをはじめ、抗生物質は正しく使用しないと薬に耐性を持った細菌が出現し、薬が効かなくなるといった事態を招いてしまいます。

抗生物質を処方された場合は、医師から指示された用法・用量・服用期間をしっかりと守って使用しましょう。