はじめに

厚生労働省の「抗不安薬・睡眠薬の処方実態についての報告」によると、2009年における推定処方率は抗不安薬で5.0%、睡眠薬で4.7%であり、医師から処方される抗不安薬や睡眠薬を飲んでいる人は全国で600万人いると考えられます。

不眠、不安といった症状はなかなか他人には相談しにくいものです。「色々薬があるけど効果はどう違うのか?」「逆に朝起きれなくなったが長く効き過ぎなのではないか」「依存性があるのでは」といった疑問を抱えている方も多いかもしれません。

今回は、不眠・不安・緊張といった症状に対して広く使われている処方薬の一つである、ベンゾジアゼピン系の薬の効果、注意すべき点などについて解説します。

 

 

ポイント1:ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はGABAの働きを助けることで気分をリラックスさせて効果を発揮する

ベンゾジアゼピン系の薬は脳内で興奮をしずめるGABAという物質の働きを高める事で、気分をリラックスさせ、不安や緊張感を和らげていきます。

それ以外にも、睡眠作用や筋肉をほぐしてくれる作用があります。

ポイント2:ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用対策のポイント:飲んだら眠気や注意力の低下に気をつける

ベンゾジアゼピン系の薬は、効果がそのまま副作用につながります。例えば、眠気が続いてしまったり、薬が効いている時間は注意力・集中力・反射運動能力が下がったりします。薬が効いている間はなるべく安静にしましょう。

また次のポイント3にもあるように、薬によって効き目の強さや、効果が持続する時間が異なります。日中も眠かったり注意力が落ちるのが問題となるようなケースでは、持続時間が短い薬や効き目を下げる事も検討した方がいいでしょう。

ポイント3:ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効き目の強さと効果時間の長さについて

次の図は、ベンゾジアゼピン系の薬の力価(薬の効き目の強さの目安)と血中半減期(薬の効く時間の長さの目安)を表しています。

比較的短時間で効果が出る薬が、デパス、リーゼなどであり、不安などの症状が現れたときにスポット的に使われる事も多くなっています。

一方、長時間効果が続いてずっと効果を発揮し続けるのがメイラックスなどの薬です。これらの薬は、1日1回服用すると1日中効果が続くため、日中・夜間に限らず常に効果を発揮したいときに使われます。

その他、ベンゾジアゼピン系の薬には、コレミナール、ワイパックス、ソラナックス、コンスタン、レキソタン、セニラン、レスミット、セパゾン、エリスパン、セルシン、ホリゾン、メンドン、コントール、バランス、メレックス、セダプラン、レスタスなどがあります。

※ 個人差や環境差によっても薬の効き目や持続時間の感じ方は変わってくるケースがありますのでご注意ください。

 

ポイント4:ベンゾジアゼピン系抗不安薬の依存・離脱症状対策のポイント:医師と計画的に対処しよう

ベンゾジアゼピン系の薬には、依存性や離脱症状が出るという特徴があります。

ただし、依存・離脱症状は、突然薬をやめたり、飲み忘れたり、処方された用法用量を守らずいきなり増減したりすることで発生するものです。処方された用法用量を守り、徐々に減らしていけば症状は現れません。

依存・離脱症状を出さないためには、相性の良い薬を見つけるのと同じく、しっかりとコミュニケーションを取れる医師を見つけ、なるべく同じ医師と計画的に治していく事も大切です。

おわりに

今回は、ベンゾジアゼピン系の薬の効果や注意点について紹介しました。

なお、一時的な不安や緊張などは漢方薬で対応できることもあり、受験期などには抑肝散をはじめとする市販薬を使われる方も多くいます。症状が軽度であれば医師や薬剤師に相談した上で、漢方薬を使用する方法を検討してみるのも良いでしょう。