はじめに

「不規則な生活やストレスで目が冴えて眠れない」「眠りが浅くて起きてしまう」
「電車や仕事中にウトウト…昼間はあんなに眠いのに夜は全然眠れない」

そんな症状を放っておくと、慢性的な不眠症を招く危険があります。

一時的な不眠症状なら、市販の睡眠改善薬で解消する可能性があり、慢性的な不眠症になる前に、リズムを取り戻すきっかけになるかもしれません。

今回は薬局やドラッグストアで購入できる睡眠改善薬である、エスエス製薬のドリエルについて解説します。


ドリエルの効果と成分

不眠の原因物質のひとつである「ヒスタミン」とは?

ヒスタミンは興奮や覚醒状態の時に多く分泌される物質です。アレルギー反応を引き起こす物質として、ご存知の方も多いかもしれません。

ヒスタミンは適量分泌されていれば良いのですが、反応が過敏になってしまうと身体を守るために体の中で「大騒ぎ」してしまいます。

花粉をアレルギー物質だと判断して花粉症を引き起こしたり、ストレスが溜まって自律神経が乱れるとじんましんや気管支ぜんそくを引き起こしたりします。

不眠の原因は、このヒスタミンが空気を読まずに元気になってしまっているためです。

ドリエルの有効成分

ドリエルは抗ヒスタミン薬「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の副作用を応用した睡眠改善薬です。

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」は第一世代抗ヒスタミン薬で、ヒスタミンの受容体をブロックして、働きを抑えることでアレルギー反応を抑制する成分として古くから愛用されてきた成分です。

副作用として眠気をもよおす作用があり、それを応用してドリエルが作られました。

睡眠改善薬と睡眠薬の違い

不眠症の治療薬として使われる「睡眠薬」はベンゾジアゼピン受容体という機能に作用する薬を使うことが多いのですが、これは病院で医師の処方が無いと使用することができません。

いっぽう、ドリエルは「睡眠改善薬」で、一時的な不眠(寝つきが悪い、眠りが浅い)を緩和する薬です。

先述の通り市販の風邪薬や鎮痛剤で幅広く使われている成分の副作用を応用して作られたもので睡眠薬とはメカニズムが異なります。

ドリエルはどんな薬?

ドリエルは薬局やドラッグストア、インターネットで購入できる市販薬です。

用法・用量

1日1回、2錠を就寝前に服用します。

服用が禁止されている人

・妊婦または妊娠してると思われる人

・15才未満の小児

・日常的に不眠の人

・不眠症の診断を受けた人

服用中に併用してはいけない医薬品

・他の催眠鎮静剤

・風邪薬

・解熱鎮痛薬

・鎮咳去痰薬

・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗り物酔いの薬、アレルギー薬など)

飲み合わせや、同じ成分があると一日の使用量の限度を超えたりする場合があります。

購入の際は、薬剤師に相談しましょう、また、服用する前に添付されている説明書を必ず読むようにして下さい。

その他の注意事項

・機械の操作や車の運転はしないでください

・授乳中の人は服用しないか、服用する場合は授乳を避けてください

・服用後の飲酒は厳禁

ドリエルは連用はできません。不眠が続くようなら医師に相談してください。

ドリエルの副作用

ドリエルの副作用には次のようなものがあります。症状が出たら服用を中止し、医師に相談しましょう。

・発疹、発赤、かゆみ、

・胃痛、吐き気・嘔吐、食欲不振、

・動悸

・排尿困難

・倦怠感

・その他の注意点…翌日まで眠気が続いたり、だるさを感じることがあります。

おわりに

睡眠改善薬を使っても改善が見られない場合は医師に相談してください。

そのほかの不眠対策として、ゆっくりお風呂に浸かったり、朝はちゃんと光を浴びたり、適度に体を動かすなど、日常の生活で出来ることがあるので試してみるのもおすすめです。