はじめに

「禁煙は簡単だ。私は100回以上もやってきたのだから。」

これは『トムソーヤーの冒険』の作者として有名なマーク・トウェインが遺した言葉です。喫煙者にはズッシリと心に沁みる言葉なのではないでしょうか?開き直った感じが清々しいほどの名言です。

食後の一服、仕事と仕事の間の息抜きや、ちょっと時間が空いた時。ついついタバコに手が伸びるのはホッとしたいからですよね。タバコが「百害あって一利なし」なのはわかってはいるけど、喫煙はなかなかやめられないものです。

それでも、自分や家族の健康、経済的負担を考えて「やめられるものならやめたい」と思っている人も多いのではないのでしょうか?

あなたはどっち?「身体的(ニコチン)依存」と「心理的(習慣的)依存」

タバコがやめられない理由には大きくわけて2種類があります。

1.身体的(ニコチン)依存

これは体内のニコチンの量が足りなくなると禁断症状が出てくるタイプです。症状としてはイライラや、とにかくタバコが吸いたくて吸いたくてたまらなくなります。

強い禁断症状は2~3日続き、この期間を超えると少し落ち着きます。禁煙の最初の難関です。

2.心理的(習慣的)依存

食後や休憩時間になんとなくタバコに手が伸びる。それがこの習慣的依存タイプです。

人は赤ちゃんの時におっぱいを欲したように、口になにかを咥えることで安心する本能的な欲求があります。(口唇欲求)なのでストレスがあったり、落ち着かない時にタバコを吸いたくなるのです。

これらは無意識でも習慣的になっているので断ち切るためには強い意志が必要になります。

ほとんどの場合、この2種類が複合的に合わさって喫煙の悪循環から抜け出せなくなっているようです。

ニコレットはどんな薬?

ニコレットはニコチンが配合されたガムによってニコチン依存と「タバコを吸う習慣」を変えていく禁煙補助剤です。

効能

禁煙時のイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状の緩和

用法・用量

タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30~60分間かけてかむ。

1日の使用個数は表を目安とし、通常、1日4~12個から始めて適宜増減するが、1日の総使用個数は24個を超えないこと。

禁煙になれてきたら(1ヵ月前後)、1週間ごとに1日の使用個数を1~2個ずつ減らし、1日の使用個数が1~2個となった段階で使用をやめる。なお、使用期間は3ヵ月をめどとする。

1回量 1日の最大使用個数 禁煙前の1日の喫煙本数 1日の使用個数
1個 24個 20本以下 4~6個
21~30本 6~9個
31本以上 9~12個

成分

ニコチン 2㎎

使用上の注意点

・普通のガムとは違います。普通のガムのように使用してもちゃんとした効果が得られない場合があります。15回ほど噛んで、ピリッとした味を感じたら頬と歯肉の間にガムを挟んで口腔粘膜からニコチンを吸収させます。それを味がなくなるまでくり返してください。

・タバコを吸ったことが無い人や現在タバコを吸っていない人が使用すると吐き気やめまい、腹痛などの症状があらわれる場合があります。

・妊婦や妊娠の可能性がある人は使用しないでください。

・その他については添付の説明書に記載されています。使用前に必ず添付の説明文をよく確認してから使用してください。

副作用

口・のど:口内炎、のどの痛み
消化器:吐き気、嘔吐、腹部不快感、、胸やけ、食欲不振、下痢
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
精神神経系:頭痛、めまい、思考減退、眠気
循環器:動悸
その他;胸部不快感、胸部刺激感、顔面潮紅、顔面浮腫、気分不良

ニコレットの購入と価格について

ニコレットクールミント

無理なく禁煙するためのちょっとした「こころがまえ」

禁煙するとなったら、とにかくタバコに関わるものを生活から遠ざけることが大切です。周囲の人の協力も大切。家族が禁煙したいと言ったら「どうせ続かない」なんて揶揄したりしないで温かい目で見守ってあげましょう。

禁煙のための3つのこころがまえ

・喫煙に関わるものを全部処分する。
・“禁煙宣言”をして家族や職場の協力してもらう。
・タバコが吸いたくなったら他のことで気を紛らわす。

とりあえず、自分のまわりにある喫煙道具を処分しましょう。まわりに喫煙者がいる場合は近寄らないようにするか、禁煙への協力を仰いでください。

タバコが吸いたくて吸いたくてどうしようもないときは

飲み会などでタバコがどうしても吸いたくなった時はまず、一旦その席から離れてください。

場所が代わると気持ちが落ち着きます。気持ちを切り替えるために深呼吸。大きく息を吸って吐き出しましょう。

「口さみしい」「周りが吸っているとつられてしまう。」という刹那的な欲求だと割り切ってここで誘惑に負けないようにしましょう。

口さみしい時はシュガーレスガムや干し昆布など、低カロリーなもので気を紛らわせましょう。冷たい飲みものや熱いお茶などでもいいです。冷たい飲み物を飲むときはストローがあるとなおいいですね。

とにかく「これは一時的な欲求」だと理解すること。この後に達成感があると信じましょう。

禁煙貯金をする。

タバコ1箱の金額を430円として、1ヶ月に換算すると13,330円。1年間で159,960円。

この数字を具体的に知るためにタバコを吸った体(てい)で1箱分の金額を貯金箱に入れる禁煙貯金も効果的です。

具体的な金額が見えることで禁煙へのやる気がグッと上がります。まずは1ヶ月からはじめましょう!達成感に合わせて得した気分になれますよ!

おわりに

「今度こそ絶対に禁煙を成功させるぞ!」

禁煙には強い意志が必要ですが、あまり自分を追い込まないようにしましょう。

大切なのは、「二度と吸わないことより、今日吸わないことです。」

その小さな積み重ねを明日へ繋げていけばいいのです。今日を乗り越えたら一日の終わりに自分を褒めてあげましょう。もし、たばこの誘惑に勝てずまた手を伸ばしてしまってもまたそこからはじめましょう。

タバコは必ず止められます。大事なのは、「あきらめないこと」です。がんばりましょうね!