ネリプロクト坐剤

バイエル薬品

処方薬 先発 坐剤・膣錠・浣腸剤

基本情報

副作用

主な副作用は、そう痒(症)、鼓腸放屁,刺激感,発疹,下痢,悪心,眠気,頭痛,微熱,ほてり等です。

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はネリプロクト坐剤を使用できません。
・局所に結核性,化膿性又は梅毒性感染症,ウイルス性疾患のある方
・局所に真菌症(カンジダ症,白癬等)のある方
・ネリプロクト坐剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
・ジフルコルトロン吉草酸エステル,リドカインに対し過敏症の既往歴のある方

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊婦又は妊娠している可能性のある方は、大量または長期にわたる使用を避けてください。

◼︎授乳中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。医師の処方のとおりに使用してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・他のリドカイン製剤を使用している方

◼︎ネリプロクト坐剤との食べ合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

薬効・薬理

はれを抑える抗炎症作用のほか、痛みを抑える鎮痛作用も示します。