新発売!「ノーシンAI」登場

アラクスの鎮痛薬ノーシンシリーズから、2つの鎮痛成分イブプロフェンとアセトアミノフェンがダブル配合された「ノーシンAI」が新発売されました。きりっとした大人の女性を演じる吹石一恵さんのCMがかっこいいですね。

新発売のノーシンAIとはどんなお薬なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

ノーシンAIの特徴は2つの鎮痛成分

鎮痛薬は各製薬会社から様々な種類が発売されています。
現在、市販薬で使われている鎮痛成分は「アスピリン」「アセトアミノフェン」「イブプロフェン」に加え、2011年に新しく仲間入りした「ロキソプロフェン」の4種類が主流です。鎮痛成分の効き方は体質により様々ですので、自分に合った成分を知っておくといいでしょう。

新発売の「ノーシンAI」はその中のイブプロフェンとアセトアミノフェン、2つの鎮痛成分を配合しています。
イブプロフェンは患部の痛み「末梢神経」に作用し即効性が高く、アセトアミノフェンは脳内の痛みを感じる部分「中枢神経」に作用し、痛みの伝達を元からブロックします。この2つの鎮痛成分がダブルで配合されていることで相乗効果が期待できます。
内容成分はこの2つの鎮痛成分のみ。カフェイン、眠くなる成分は入っていません。飲みやすい小粒の錠剤を使用。

ノーシンAIは指定第2類医薬品です。薬局やドラッグストア、インターネット通販で購入することができます。

メーカー希望小売価格
◎24錠 462円(税込499円)◎48錠815円(税込880円)
 

ノーシンAIと同成分が配合されている市販薬

他の製品でイブプロフェンとアセトアミノフェン同配合の鎮痛薬にはライオンの「バファリンルナi」があります。こちらはその他に眠気を抑える無水カフェインと胃を保護する成分として乾燥水酸化アルミニウムゲルが配合されています。こちらも小粒で飲みやすくなっています。

1回量2錠の成分はバファリンルナiはイブプロフェン、アセトアミノフェンともに130㎎。ノーシンAIはイブプロフェン150㎎、アセトアミノフェン65㎎。

ノーシンAIはパッケージに大きく頭痛薬と表記されていますが、バファリンルナと同様に生理痛にも効果が期待できることがわかります。シンプル処方がいいのであれば「ノーシンAI」、より複合的な効果を求める人は「バファリンルナi」と使い分けることができます。
 

バファリンルナi 20錠

関連記事:5月23日から「バファリンルナi」が花柄パッケージを数量限定発売!=女の子の強い味方!生理痛・頭痛にすばやくよく効く「バファリンルナi」の効能・効果を確認しよう!

 

成人1回量(2錠中)の成分量比較

  ノーシンAI バファリンルナ
イブプロフェン 150㎎ 130㎎
アセトアミノフェン 65㎎ 130㎎
無水カフェイン 使用していません 80㎎
乾燥水酸化アルミニウムゲル 使用していません 70㎎

 

ノーシンAIの基本情報

効能効果

  • 頭痛、月経痛(生理痛)、歯痛、神経痛、関節痛、腰痛、肩こり痛、咽頭痛、耳痛、抜歯後の疼痛、筋肉痛、打撲痛、ねんざ痛、骨折痛、外傷痛の鎮痛
  • 悪寒・発熱時の解熱

用法・用量

なるべく空腹時を避けて服用すること。服用間隔は4時間以上おくこと。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠 3回を限度とする
15歳未満の小児 ×服用しないこと

成分

  • イブプロフェン:150㎎
  • アセトアミノフェン:65㎎

注意点(抜粋)

  • 過去にアレルギー症状を起こしたことあるひと、15歳以下の小児、出産12週以内の妊婦は使用しないでください。
  • 妊娠している人、授乳中の人、高齢者は服用前に医師や薬剤師に相談してください。
  • 長期連用しないでください。

 

副作用(抜粋)

皮膚:発疹発赤、かゆみ、青あざ
消化器:吐き気、嘔吐、胃部不快感、胃もたれ、下痢など
精神神経系:めまい、頭痛
循環器:動悸
呼吸器:息切れ
その他:目のかすみ、耳なり、むくみ、出血が止まりにくい、だるさ、など

※製品の添付文書をよく読んでから使用して下さい。※
 

おわりに~鎮痛薬を飲むもっとも効果的なタイミングは「痛みが始まった時」~

鎮痛薬の最も効果的なタイミングは“痛みが始まった時”です。痛みが始まったら早い段階で飲めば症状が悪化する前に頭痛を止めることができます。痛みが我慢できなくなってからでは、すでに頭痛・生理痛の原因物質のプロスタグランジンが大量に分泌されてしまっているので、せっかくの鎮痛薬の効果が発揮できません。

その他に注意してほしいのが頭痛薬の予防的服用です。心配だからと頭痛が起きていないのに薬を飲むクセがつくと「薬物乱用頭痛」という、頭痛薬が引き金となる頭痛が起こりやすくなってしまいます。

頭痛や生理痛など痛みが強い時は十分な休養も必要です。市販薬を上手に使って快適な日々を過ごしてください。
服用しても症状が回復しなかったり、違和感があったら直ちに使用を中止して医療機関で診療を受けてくださいね。