【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

バイアスピリン錠100mg

バイエル薬品

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

■主な副作用としては、嘔吐、下痢、発疹、かゆみ、頭痛などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、アナフィラキシー
・脳出血、肺出血、消化管出血などの重い出血
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎
・再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少
・喘息発作
・肝機能障害、黄疸
・消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はバイアスピリンを使用できません。
・アスピリンの成分またはサリチル酸系製剤に対し過去にアレルギー反応を起こしたことのある方
・消化性潰瘍のある方
・出血傾向のある患者
・アスピリン喘息の方または過去にかかったことのある方

■下記に当てはまる方はバイアスピリンの使用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・消化性潰瘍にかかったことのある方
・血液の異常または過去に異常があったことのある方
・出血傾向の素因のある方、
・肝障害、腎障害のある方または過去にかかったことのある方
・気管支喘息の方
・アルコールを飲む習慣がある方
・手術、心臓カテーテル検査または抜歯前1週間以内の方

■高齢者は副作用があらわれやすいため、体の状態を観察しながら、異常が認められた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■出産予定日12週以内の妊婦は使用できません。その期間以外の妊娠中の方はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬の効き目があるうちの授乳は避けてください。

■1未満の子供・低出生体重児には使用しないでください。15歳未満の子供については副作用があらわれやすいため使用後の状態を観察しながら慎重に使用してください。
なお、インフルエンザの際には基本的には使用しないことが望ましいです。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

ワルファリンなど血液が固まるのを防ぐ抗凝固剤やと併用すると、相互作用で出血の危険性が高まるおそれがあります。他にも、糖尿病の薬、利尿薬、頭痛薬など飲み合わせに注意が必要な薬がさまざまあるので、使用中の薬がある場合は医師に必ず伝えてください。

■アルコール(飲酒)と併用すると、消化管出血がでやすくなるおそれがあります。薬を使用中は飲酒は控えてください。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を服用してから約4時間後とされています。
また、その後約0.44時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

低用量アスピリンは血小板凝集抑制作用を示します。それにより、血液が固まって血管がつまることを防ぎます。