パイロンハイ

データが存在しません

市販薬 錠剤

概要

かぜの諸症状をやわらげます。

どんな症状に効くの?

かぜの諸症状(のどの痛み,発熱,悪寒,頭痛,鼻水,鼻づまり,くしゃみ,せき,たん,関節の痛み,筋肉の痛み)をやわらげます。

使い方

次の量を食後30分以内に,水またはぬるま湯でおのみ下さい。 [年齢:1回量:1日服用回数] ・成人(15才以上):3錠:3回 ・15才未満:服用させないこと

特徴

特に気をつけること

1.次の人は服用しないで下さい  (1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人  (2)本剤または他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくをおこしたことがある人 2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないで下さい    他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する    内服薬など(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬など) 3.乗物または機械類の運転操作をしないで下さい   (眠気などがあらわれることがあります) 4.服用前後は飲酒しないで下さい 5.長期連用しないで下さい

どう効くのか

①イソプロピルアンチピリン(IPA)が、熱を下げ,痛みをおさえる ②アセトアミノフェンが、痛みをおさえ,熱を下げる ③d-クロルフェニラミンマレイン酸塩が、鼻みず,鼻づまり,くしゃみをおさえる ④デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物が、せきをしずめる ⑤d-クロルフェニラミンマレイン酸塩が、くしゃみ,鼻みず,鼻づまりをおさえる ⑥dl-メチルエフェドリン塩酸塩が、せきをしずめ,たんの切れをよくする ⑧カンゾウエキスが、たんの切れをよくする ⑨オウヒエキスが、たんの切れをよくする ⑩無水カフェインが、痛みをおさえるはたらきを助ける

飲み合わせの注意

使用上の注意点

生活上の注意

主な副作用

次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください ○皮膚:発疹・発赤、かゆみ ○消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振 ○精神神経系:めまい ○呼吸器:息切れ、息苦しさ ○泌尿器:排尿困難 ○その他:過度の体温低下 まれに重篤な症状が起こることがあります。