パスタイムFX7−L

祐徳薬品工業

市販薬 貼り薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
関係部位:皮ふ
症状:発疹,発赤,はれ,かゆみ,ヒリヒリ感,かぶれ,水疱


■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれます。

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないこととなっています。
 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
 (2)ぜんそくを起こしたことがある人
 (3)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (4)15歳未満の小児

また、次のようなことはしてはいけないこととされています。ご注意ください。

次の部位には使用しないでください。
 (1)目の周囲,粘膜など。
 (2)湿疹,かぶれ,傷口。
 (3)みずむし・たむし等又は化膿している患部。

連続して2週間以上使用しないで下さい。


■以下のような人は医師、薬剤師などに相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊婦又は妊娠していると思われる人、15歳未満の小児は使用できません