【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

バファリン配合錠A330

エーザイ/ ライオン

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として胃腸障害などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、アナフィラキシー
・出血(脳出血などの頭蓋内出血、肺出血・消化管出血・鼻出血・眼底出血など)
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎
・再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少
・喘息発作の誘発
・肝機能障害、黄疸
・消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はバファリン配合錠A330を使用できません。
・バファリン配合錠A330および成分のアスピリン・ダイアルミネートまたはサリチル酸系製剤に対しアレルギー反応を起こしたことのある方
・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常のある方
・重篤な肝障害のある方
・重篤な腎障害のある方
・重篤な心機能不全のある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤などによる喘息発作の誘発)の方または過去のかかったことのある方

■下記に当てはまる方はバファリン配合錠A330を使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・消化性潰瘍にかかったことのある方
・血液の異常のある方または過去のかかったことのある方
・出血傾向のある方
・肝障害の方または過去のかかったことのある方
・腎障害の方または過去のかかったことのある方
・心機能異常のある方
・過去にアレルギー反応を起こしたことのある方
・気管支喘息のある方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期使用による消化性潰瘍のある方で、アスピリンの長期使用が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている方
・アルコール常飲者
・手術、心臓カテーテル検査または抜歯前1週間以内の方

■高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方は下記のことに注意してください。
・出産予定日12週以内の妊婦の方は使用できません。
・妊婦の方(ただし、出産予定日12週以内の方は除く)または妊娠している可能性のある方はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

■15歳未満の子供は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。
また、15歳未満の水痘、インフルエンザの子供には原則として使用できませんが、医師の判断で使用されるケースがあります。やむを得ず使用する場合には、使用後の体調の変化にご注意ください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■下記のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・尿酸排泄促進剤:プロベネシド、ベンズブロマロン
・糖尿病用剤(インシュリン製剤およびトルブタミドなど)
・抗凝固剤:クマリン系抗凝固剤(ワルファリンカリウム)
・抗凝固剤:血液凝固阻止剤:ヘパリン製剤、ダナパロイドナトリウム、第Xa因子阻害剤(リバーロキサバンなど) 、抗トロンビン剤(ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩など) 、トロンボモデュリンアルファなど
・血小板凝集抑制作用を有する薬剤:チクロピジン塩酸塩、シロスタゾール、クロピドグレル硫酸塩、トロンボキサン合成酵素阻害剤(オザグレルナトリウム)、プロスタグランジンE1製剤・E1およびI2誘導体製剤(ベラプロストナトリウムなど)、サルポグレラート塩酸塩 、イコサペント酸エチルなど
・血栓溶解剤(ウロキナーゼ、t-PA製剤など)
・メトトレキサート
・リチウム製剤
・チアジド系利尿剤
・非ステロイド性消炎鎮痛剤:インドメタシン、ジクロフェナクナトリウムなど
・ニトログリセリン
・テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌剤
・副腎皮質ホルモン剤:ベタメタゾン、コルチゾン酢酸エステル、メチルプレドニゾロンなど
・フロセミド、アゾセミド、ピレタニド
・乳酸ナトリウム
・オキシカム系消炎鎮痛剤(ピロキシカムなど)
・バルプロ酸ナトリウム
・フェニトイン
・アセタゾラミド
・アンジオテンシン変換酵素阻害剤(ACE阻害剤)
・β-遮断剤
・ドネペジル塩酸塩
・タクロリムス水和物、シクロスポリン
・ザフィルルカスト
・プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2受容体拮抗剤(セラトロダスト、ラマトロバン)
・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI):フルボキサミンマレイン酸塩、塩酸セルトラリンなど

■アルコール(飲酒)と併用すると、相互作用で消化管出血が増強されるおそれがあります。薬を使用中は飲酒は控えてください。

薬効・薬理

鎮静作用、解熱作用、抗炎症作用があります。