ビオチン散0.2%「フソー」

扶桑薬品工業

処方薬 先発

基本情報

副作用

製薬会社からの情報では、ビオチン散0.2%の副作用は認められていません。

使用上の注意点

直射日光に当たらない場所で湿気を避けて室温で保管し、使用期限内に使ってください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼妊娠中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎授乳中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。医師の処方のとおりに使用してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

ビオチン散0.2%との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありませんが、念のために使用中の薬がある場合は医師に伝えてください。

薬効・薬理

ビオチンは主として腸内細菌によって生合成され、脂肪酸合成及びカルボキシル化反応に必須の補酵素です。
また、詳細は不明ですが、間接的な生化学的作用としてプリン合成、蛋白合成、糖代謝、脱アミノ酵素作用、脱水酵素作用等も報告されています。