新ビオフェルミンSはおならに効果的?おならの原因や対策も解説

新ビオフェルミンSのおならへの効果や、おならが発生する原因、おならへの対策などについて解説します。

新ビオフェルミンSとは

新ビオフェルミンSは、腸内環境を整える作用のある整腸薬です。3種類の乳酸菌が配合されており、ストレスや偏った食生活、運動不足、加齢、環境の変化などが原因で、乱れやすい腸内環境の改善に効果的な作用を現します。

人の腸には膨大な数の腸内細菌が生息していますが、有害な悪玉菌を減らして乳酸菌のような善玉菌を増やすことで、腸内環境のバランスを整える効果がある薬が新ビオフェルミンSです。

安全性の高い薬なので、妊娠中の方や、新ビオフェルミンS細粒であれば、生後3か月以上の子どもから使用できる薬です。

新ビオフェルミンSの効果や使い方、種類などにについて詳しくはこちらをご確認ください。

新ビオフェルミンSのおならへの効果

新ビオフェルミンSは、成分に含まれている乳酸菌により腸内細菌のバランスを改善し、整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感(お腹の張り)の改善に効果が期待できる薬です。

おならの原因となる腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす作用がありますが、新ビオフェルミンSを使用しておならの回数を減らしたり、においを改善するという効果があるとはいえません。

おならが悪化する?

新ビオフェルミンSの成分である乳酸菌で副作用を起こすことは考えにくく、製薬会社が出している添付文書にも、新ビオフェルミンSの使用による副作用は特に報告されていません。

乳酸菌ではなく、ヨーグルトなどに含まれているオリゴ糖を急に摂取することで、お腹が張ったり、下痢などを起こしたというケースはあるようです。薬を飲んだからと薬を頼りにしすぎて、悪玉菌を増やすような生活習慣を続けていると腸内環境は改善されにくいです。

おならは悪玉菌が原因

おならの原因の多くは悪玉菌が増加することにあります。悪玉菌は、肉類などの高たんぱく質や高脂質の食べ物の摂取によって増えていきます。さらにストレス、便秘などの原因によって悪玉菌が腸内に増えていきます。

人間は食事をすると必ず消化管内でガスが発生しますが、悪玉菌が増えることで異常発酵が起こり、ガスの発生量がさらに増えていきます。イモ類・豆類などの食物繊維を多く含む食べ物や、糖質を多く含んだ食べ物はガスを発生しやすくさせます。

おならを起こすほかの原因

ストレスや緊張、早食いなどによって空気を多量に飲み込んでしまう呑気症(どんきしょう)は、お腹にガスをたまりやすくさせる原因になります。

また、体内に発生したガスは通常おならや呼気として排泄されますが、消化管の運動機能が低下していると腸内にガスが溜まってしまいます。排泄されないガスは腹部に膨満感を起こし、便秘などの原因にもなります。

新ビオフェルミンSの効果はいつ出る?

乳酸菌は継続して摂取することによって、腸内に善玉菌を増やす効果が期待できます。新ビオフェルミンSは即効性が期待できる薬ではなく、薬を飲んだからといって、すぐに腸内環境が改善されるわけではありません。個人差はありますが、数日で効果を実感する方もいれば、数週間かかる方もいます。

新ビオフェルミンS細粒

新ビオフェルミンS錠

新ビオフェルミンSは「指定医薬部外品」です。指定医薬部外品とは人体に対する作用が緩和であり、比較的安全性が高いと判断されている薬です。

1か月ほど使用しても症状の改善がみられない場合は、ほかに病気などの原因があることも考えられますので、医療機関を受診することをおすすめします。

おならを増やさないための対策

根菜、イモ類、豆類などの食物繊維を多く含んだ食物は、善玉菌の栄養源となり増殖を促してくれますが、ガスを発生する原因にもなりやすいです。おならの回数が気になる方は、食物繊維のとりすぎには注意した方がよいかもしれません。

ストレスなどがかかると胃腸の運動を低下させてしまうことがあるので、ストレスはためこまずにできるだけ解消するように心がけましょう。

腸内環境は善玉菌を優勢に

健康的な腸内細菌というのは、悪玉菌などの菌より乳酸菌などの善玉菌が優勢である状態です。善玉菌は乳酸や酢酸が腸を刺激することで腸管運動が活発になり、ガスの排出を促進させます。

また、善玉菌は食中毒などの病原菌による感染の予防や、腸内でビタミンを産生したり、体の免疫力を高める効果なども報告されているようです。

善玉菌は生きたままの状態ではなくても、腸内環境に有効な作用が期待できます。大事なことは、新ビオフェルミンSやヨーグルトなどの乳酸菌を含んだ物を継続して腸内にとりいれることです。

おわりに

新ビオフェルミンSは即効性がある薬ではないので、しばらく飲み続けることで腸内環境を改善する目的のための薬です。しばらく飲み続けても効果が実感できなかったり、自分の体質に合わないと感じる場合は使用を中止し、医師などに相談しましょう。

 

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

新ビオフェルミンS細粒

新ビオフェルミンS錠

ビオフェルミンのお役立ち情報

ビオフェルミンに関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集