新ビオフェルミンSの下痢への効果は?注意が必要な下痢についても解説

新ビオフェルミンSの効果や、下痢などの症状に使えるのかという疑問について解説します。注意が必要な下痢や、下痢止めを使用したほうがいい場合などについても説明します。

新ビオフェルミンSの効果

新ビオフェルミンSは、3種類の乳酸菌を配合した腸内環境を整えてくれる整腸薬です。腸内環境は、偏った食生活やストレス、加齢、運動不足、環境の変化などの原因によっても乱れやすくなります。

人の腸には膨大な数の腸内細菌が生息しており、腸内フローラとも呼ばれています。腸内細菌の中でも有害な悪玉菌を増やさないように、乳酸菌のような善玉菌を増やして腸内環境のバランスを整える効果がある薬が新ビオフェルミンSです。

妊娠中の方や、新ビオフェルミンS細粒であれば生後3か月以上の子どもから使用できる安全性の高い薬です。

新ビオフェルミンSの効果や使い方、種類などにについて詳しくはこちらをご確認ください。

新ビオフェルミンSは下痢に効く?

新ビオフェルミンSは、整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感(お腹の張り)の改善に効果が期待できる薬です。日頃から毎日飲み続けることで腸内環境のバランスを整え、繰り返し起こる軟便や便秘などの症状に効果的な作用を現します。

下痢の症状にも新ビオフェルミンSの使用は効果的です。しかし、下痢が起こる原因はさまざまあるので、腸内環境の乱れが原因により起こる下痢の場合は、新ビオフェルミンSの使用で効果が改善されることが期待ができます。

体の冷えやストレス、消化不良など腸管の異常運動などが原因による下痢には、新ビオフェルミンSの効果はありません。

腸内環境は便を観察することでわかる

腸内環境の乱れは、便をよく観察することである程度わかります。

便の形はバナナ状で柔らかく、色は黄色~黄色がかった褐色で、においはあっても臭くない便が理想です。色が黒っぽくて悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなって腸内環境が乱れている状態になります。

細菌性の下痢に注意

食事などから体内に毒素を取り入れて感染したウイルスや細菌性の下痢などには、整腸薬を使用して増えた悪玉菌を減らす目的でビオフェルミンが使用されることがあります。

感染性の下痢に下痢止めなどを使用して下痢を無理におさえると、有害菌などを腸内にとどめてしまうことになり、症状を悪化させるおそれがあります。下痢は有害物質を体の外に排泄する生体の防御反応のひとつでもあるため、無理に止めることは間違った判断になることもあるので注意してください。

下痢の原因が食あたりだと予想できる場合で、病院に行くほどではない軽度な症状のときは、新ビオフェルミンSを自分で購入して対処することも可能です。

新ビオフェルミンS錠 540錠 【指定医薬部外品】

 

新ビオフェルミンS細粒 【指定医薬部外品】

新ビオフェルミンSは「指定医薬部外品」です。指定医薬部外品とは、医薬品から移行して医薬部外品になった薬です。

医薬品は有効成分の効果がしっかり認められたものですが、副作用などが現れるおそれもあります。指定医薬部外品は人体に対する作用が緩和であり、副作用の心配も少なく比較的安全性が高いと判断された薬のため安心して使用することができます。

新ビオフェルミンSに即効性はある?

新ビオフェルミンSは腸内環境のバランスを整える整腸薬です。下痢が起きたときに使用すれば、すぐに下痢の症状をおさえられる薬ではありません。

個人差はありますが、効果が現れるようになるまでしばらく飲み続ける必要があります。1か月程度飲み続けても効果が認められない場合は、使用を中止して医師や薬剤師などに相談しましょう。

緊急のときは下痢止めを使用

感染性の下痢の疑いはなく、日常的に緊張などによって下痢がよく起こってしまい、緊急的に下痢を止めたい場合は下痢止めや止瀉薬(ししゃやく)を使う選択もあります。

しかし、慢性的に下痢が続く場合は原因の特定をすることが大切です。長期間下痢が続いたり、激しい腹痛があったり、水様の便、血便などが見られる場合は、早めに医師の診療を受けてください。

おわりに

新ビオフェルミンSは毎日使用することで次第に効果が実感できるようになる薬なので、腸内環境のバランスを整えるために継続的に使用することが大事です。

また、新ビオフェルミンSはヨーグルトのような乳酸菌の薬なので、副作用が現れるおそれは少ないですが、自分の体質に合わないと感じた場合は使用を中止してください。

 

下痢について解説!下痢の症状・原因・治し方をわかりやすく解説

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

新ビオフェルミンS錠 540錠 【...

新ビオフェルミンS細粒 【指定医薬...

ビオフェルミンのお役立ち情報

ビオフェルミンに関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集