ヒフールAC

日邦薬品工業(株)/ 万協製薬

市販薬 塗り薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,はれ,かゆみ,かぶれ,刺激感,疼痛,乾燥,灼熱感,落屑(フケ,アカのような皮膚のはがれ),じんましん

  (本剤によるアレルギー症状であるか,本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ,このような場合,同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります。)

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないこととなっています。
 (1)医師による口唇ヘルペスの診断・治療を受けたことのない人。(医師による口唇ヘルペスの診断を受けたことのない人は,自分で判断することが難しく,初めて発症した場合には症状がひどくなる可能性がありますので,医師の診療を受けてください。)
 (2)患部が広範囲の人。(患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので,医師の診療を受けてください。)
 (3)本剤,本剤の成分又はバラシクロビル塩酸塩製剤によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります。)
 (4)6歳未満の乳幼児。(乳幼児の場合,初めて感染した可能性が高いと考えられます。)

また、以下の部位には使用しないよう、ご注意ください。

 (1)目や目の周囲。(目に入って刺激を起こす可能性があります。)
 (2)唇とそのまわりをのぞく部位。(口唇ヘルペスは唇及びその周囲にできるものです。)


■以下のような人は医師、薬剤師などに相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり,本剤と同じ薬を使用している可能性もあります。)
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し,専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
 (3)授乳中の人。(同じ成分の医療用の内服薬で,乳汁への移行が確認されています。)
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は,本剤でも起こる可能性があります。)
 (5)湿疹やただれがひどい人。(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
 (6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります。)

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊婦又は妊娠していると思われる人、授乳中の人は専門医に相談して指示を受けてください。また、6歳未満の乳幼児は初めて感染した可能性が高いため、使用しないでください。