「仕事などで重い物を持ち腰が痛くなった方」
「手足の使い過ぎによる腱鞘炎の方」
「肩こりや関節が痛む方」

そんな筋肉全般の痛みに「フェイタス」が問題を解決してくれます。
香取慎吾さんが出演しているコマーシャルで知っている方もいらっしゃると思います。

筋肉の痛みを解消してくれる「フェイタス」の効き目や価格などについて紹介します。
 

「フェイタス」のテープ剤には5つの特徴が悩みを解決!

通常のテープ剤などは、貼りにくかったり直ぐ剥がれてしまったりと何かと問題が起きてしまいがちです。
「フェイタス」は、それらの問題を解決してくれます。

【フェイタス テープ剤の特徴】

1.患部にはる粘着部分のフィルムが3枚に分かれていて、シワなくしっかり貼ること出来ます。
2.患部に貼ってから、85%の方が10以内で効果を感じています。
3.「粘着性」に優れていて、24時後でもしっかり張り付いています。
4.「柔軟性」に優れ、短軸方面は2倍に長軸方面は4倍まで伸び、よく動かす患部にもしっかりフィットします。
5.弾力性のある粘着剤を使用することで、肌に優しく剥がす時に痛くないように作られています。
 

テープ剤の他にも、患部の場所や症状に合わせてタイプを使い分けよう。

「フェイタス」には、テープ剤だけでなく、患部や症状に合わせて使える6つタイプがあります。それぞれの特徴・強みを理解して、シーン別に使い分けることをオススメします。

【シップタイプ】…鎮痛消炎剤をたっぷり含んだシップタイプは、あまり動かない日や痛みが強いに日に適しています。
【クリームタイム】…炎症部分をマッサージしながらつけられるクリームタイムは、肩こりなど硬くなった部分の筋肉の適しています。
【ローションタイプ】…背中や肩などの広い範囲に塗れるローションタイプは、シップ剤やテープ剤が貼りにくい踝(くるぶし)にも適しています。
【チックタイプ】…固形タイプで患部の幅に合わせて塗れるチックタイプは、筋など肩に適しています。
【ゲルタイプ】…清涼感や早い乾きが特徴のゲルタイプは、膝などの関節の痛みに適しています。
 

「フェイタス」に含まれる鎮痛炎症成分で痛みの元をブロック

「フェイタス5.0」には、鎮痛消炎成分の「フェルビナク」が含まれており、「フェイタスZ」には「ジクロフェナク」が含まれています。

肩や腰が、打撲や筋肉の炎症などで痛みを感じるメカニズムは、神経を刺激して痛みを感じさせる「プロスタグランジン」の発生によて痛みを感じるようになっていますが、「フェルビナク」と「ジクロフェナク」は痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑えることで痛みや炎症を抑える効果を発揮してくれます。
 

ビタミンE配合で血行アップ

「フェイタス5.0」には、トコフェロール酢酸エステルという合成のビタミンEが配合されています。
トコフェロール酢酸エステルは、化粧品などに使われ血行促進や肌荒れを防ぐ効果があるため、筋肉の緩和やシップ剤などので生じる肌のトラブルを防いでくれます。
 

ℓ‐メントールで肌に清涼感を与えます

フェイタスには、「ℓ‐メントール」が配合されており、心地よい清涼感が付着直後直ぐに感じられ、痛みの緩和やシップ剤、テープ剤の肌への違和感を無くしてくれます。
 

「フェイタス5.0」と「フェイタスZジクサス」の成分の違いと価格

フェイタス5.0

有効成分
・フェルビナク 5.0g
・ℓ‐メントール 3.5g
・ビタミンE 2.3g

フェイタスZαジクサス

有効成分
・ジクロフェナクナトリウム 2.0g
その他、添加物としてℓ‐メントールを含有しています。

 

2つの大きな違いは「鎮痛消炎成分」→効き目と持続性

「フェイタス5.0」には、鎮痛消炎成分としてフェルビナクが含まれていますが、「フェイタスZジクサス」にはジクロフェナクナトリウムという鎮痛有効成分が含まれています。

痛みを抑えるメカニズムは変わらないのですが、ジクロフェナクナトリウムフェルビナクと比べると「効き目と持続性」に優れていて、関節や筋肉の痛みを長時間抑え、1日1回でも十分に効果があると言われています。
 

まとめ

腰や肩など関節の痛みを感じは時は、あまり無理をせず「フェイタス」を使い痛みを和らげて安静にしましょう。
痛みが、何日も引かない場合は一度病院や整骨院で見てもらうと良いでしょう。

また、「フェイタス」ご購入の際は薬剤師や販売登録者に副作用などを確認することをお勧めします。
ネットなどの購入の際も使用前にしっかり使用上の注意などに目を通してから正しい用法・用量で使用しましょう。