プレドニン眼軟膏

塩野義製薬

処方薬 先発 塗り薬

基本情報

副作用

主な副作用として、刺激感などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。
体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・緑内障
・角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症の誘発
・穿孔
・後嚢白内障

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はプレドニン眼軟膏を使用できません。
・プレドニン眼軟膏の成分であるプレドニゾロン酢酸エステルに対して過去にアレルギー反応を起こしたことのある方

■下記に当てはまる方は原則としてプレドニン眼軟膏を使用できませんが、医師の判断で使用されるケースがあります。
・角膜上皮剥離または角膜潰瘍の方
・ウイルス性結膜および角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患または化膿性眼疾患の方

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊婦の方、または妊娠している可能性のある方は、大量または長期にわたる広範囲の使用を避けてください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■低出生体重児および15歳未満の子供については使用経験が少ないため安全性が確立されていませんが、医師の判断で使用するケースがあります。
特に2歳未満の子供には慎重に使用してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

プレドニン眼軟膏との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

薬効・薬理

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)であり、抗体産生や組織のヒスタミン合成を抑制して抗炎症作用や殺菌作用を示します。