プレドニン錠5mg

塩野義製薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として顔がお月さまのように丸くなる満月様顔貎(まんげつようがんぼう)などがあります。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・誘発感染症、感染症の増悪
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
・消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血
・膵炎
・精神変調、うつ状態、痙攣
・骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー
・緑内障、後嚢白内障、中心性漿液性網脈絡膜症、多発性後極部網膜色素上皮症
・血栓症
・心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤
・硬膜外脂肪腫
・腱断裂

使用上の注意点

◼︎プレドニンを含むがん化学療法は、緊急時に十分対応できる医療施設にて、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本療法が適切と判断される方についてのみ行われることになっています。

◼︎プレドニン錠5mgの成分であるプレドニゾロンに対しアレルギー反応を起こしたことのある方は使用できません。

◼︎下記に当てはまる方は原則プレドニン錠5mgを使用しないでください。
・有効な抗菌剤の存在しない感染症または全身の真菌症の方
・消化性潰瘍の方
・精神病、結核性疾患、単純疱疹性角膜炎、血栓症の方
・後嚢白内障、緑内障、高血圧症の方
・電解質異常のある方
・最近行った内臓の手術創のある方
・急性心筋梗塞を起こした方

◼︎下記に当てはまる方はプレドニン錠5mgとの併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・感染症、糖尿病、腎不全、肝硬変、脂肪肝、脂肪塞栓症、重症筋無力症の方
・骨粗鬆症の方
・甲状腺機能低下のある方

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

◼︎プレドニン錠5mgを使用中に水痘または麻疹に感染しないように注意してくさだい。また、水痘又は麻疹に感染したことがあるかどうかや予防接種の有無を医師に伝えてください。

◼︎プレドニン錠5mgを連用後、使用を急に中止すると、まれに発熱、頭痛、食欲不振,、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショックなどの離脱症状があらわれる ことがあります。使用を中止する場合には、必ず医師に相談し指示に従ってください。

◼︎プレドニン錠5mgを長期あるいは大量に使用または使用後6ヶ月以内の方は、免疫機能が低下しているおそれがあります。その際に生ワク チンの接種するとワクチン由来の感染を増強または持続させることがありますので、生ワクチンを接種は控えてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については、観察を十分に行ってください。 頭蓋内圧亢進症状や高血圧性脳症があらわれることがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎飲み合わせに注意が必要な薬がさまざまあるので、服用中の薬がある場合は医師に必ず伝えてください。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を服用してから約1~2時間後とされています。

薬効・薬理

合成糖質副腎皮質ホルモンであり、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用のほか広範囲にわたる代謝作用を示します。