プロピベリン

錠剤

処方薬のプロピベリン

  • (医薬品画像)塩酸プロピベリン錠10mg「アメル」

    塩酸プロピベリン錠10mg「アメル」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)塩酸プロピベリン錠10「KN」

    塩酸プロピベリン錠10「KN」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)プロピベリン塩酸塩錠10mg「タナベ」

    プロピベリン塩酸塩錠10mg「タナベ」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)プロピベリン塩酸塩錠20mg「NS」

    プロピベリン塩酸塩錠20mg「NS」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)プロピベリン塩酸塩錠20mg「F」

    プロピベリン塩酸塩錠20mg「F」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)塩酸プロピベリン錠20「タツミ」

    塩酸プロピベリン錠20「タツミ」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)プロピベリン塩酸塩錠10mg「タカタ」

    プロピベリン塩酸塩錠10mg「タカタ」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)塩酸プロピベリン錠10mg「SW」

    塩酸プロピベリン錠10mg「SW」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)塩酸プロピベリン錠20mg「SKK」

    塩酸プロピベリン錠20mg「SKK」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

  • (医薬品画像)プロピベリン塩酸塩錠10mg「F」

    プロピベリン塩酸塩錠10mg「F」

    この薬は、排尿運動抑制作用から、神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態における頻尿、尿失禁や、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁の治療に使われます。

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

自分にあったお薬を選ぶ

ピックアップ特集