ヘパリーゼは本当に二日酔いに効くの?二日酔いの原因と対策も紹介!

肝機能を助けるヘパリーゼは、二日酔いに効果があるといい切れない理由は?二日酔いになるメカニズムや、身近なものでできる二日酔い対策や対処法も紹介します。

 

二日酔いのメカニズム

ビールやウイスキーなどのお酒を飲んだ次の日、頭痛や吐き気でベッドから出られずに1日を無駄にしてしまった…

二日酔いは酒を飲む人の多くが経験したことがあるはずです。

二日酔いの症状は頭痛や吐き気だけでなく、体のほてり・喉の渇き・胃痛・胃もたれ・胸やけ・動機・手の震え・体のだるさなどがあります。

なぜお酒を飲むと二日酔いになることがあるのでしょうか。

アセトアルデヒドが二日酔いを引き起こす

摂取されたアルコールは、体内でアセトアルデヒドという物質になります。

通常、アセトアルデヒドは肝臓で酢酸に代謝された後、水と二酸化炭素に分解されて汗や尿、呼気になって排泄されますが、ある一定量(個人によって異なる)を超えるとアセトアルデヒドを分解しきれず、血中に流れ出てしまいます。

これにより血中の濃度が高くなり、アセトアルデヒドの毒性によって二日酔いの症状が引き起こされます。

また、二日酔いの症状の中には脱水によるものもあります。

アルコールは利尿作用が強い上に、アセトアルデヒドを分解する際には大量の水分が必要になります。利尿作用もあるため脱水症状になりやすく、手の震えや体のだるさなどはこの脱水症状が原因の場合もあります。

特にビールに含まれているカリウムは、アルコール・水と組み合わさることにより利尿作用が他のお酒よりも強くなっています。

肝機能を助けるヘパリーゼと二日酔い

【第3類医薬品】新ヘパリーゼドリンク 50mL×3

ゼリア新薬が販売しているヘパリーゼは、肝臓の機能をサポートを促進する医薬品です。ドリンクタイプが主となっていますが、錠剤も取り扱っています。

ヘパリーゼに配合されている主成分の肝臓水解物は、肝臓に作用するたんぱく質を吸収しやすい状態で配合しており、肝機能を助ける作用があります。効果・効能には以下のように記載されています。

効能・効果
滋養強壮,胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,虚弱体質

新ヘパリーゼドリンク 添付文書

ヘパリーゼに含まれる肝臓水解物は主に低下した肝機能を回復させる作用があります。

ヘパリーゼの効果や肝臓のはたらきなどについては関連記事をごらんください。

二日酔いへの効果

通常、二日酔いに対して効果がある場合、添付の説明書の効果に「二日酔い」とはっきり記載されています。ヘパリーゼは添付の説明書を見てわかるように二日酔いに効果はありません。

しかし、配合されている成分には肝臓を保護する作用、肝臓の代謝機能を促進する作用があり、その中でも肝臓水解物には動物でのアルコール肝障害時に肝臓のたんぱく質をしっかりとつくらせたり、肝臓の中性脂肪を減らす作用が認められています。

そのほかにもアルコールによって失われやすいビタミン類を補充することで、全身の疲れや胃腸の調子が悪くなることを防ぎます。

劇的な改善効果はないので、栄養補給の目的での使用がおすすめです。

二日酔いの予防・改善

飲み過ぎによる二日酔いの対策として、医薬品などに頼る以外でできることもたくさんあります。お酒を飲んだ次の日もすっきりした気分で過ごせるよう、さまざまな対処法を知っておきましょう。

お酒を飲む前・飲んでいる間にできること

お酒を飲むときには、胃粘膜を保護してくれる成分のあるものを食べて、空っぽの胃にお酒を入れないように注意しましょう。

たんぱく質が多く含まれる肉や大豆などがおすすめです。肝機能をサポートするアミノ酸が多く含まれている梅干しなどもおすすめです。

また、喫煙者はお酒を飲んでいる間にたばこを吸いすぎるとアルコールを分解する際に必要なビタミンCを消費してしまう上に、ニコチンが内臓の機能を鈍らせてしまうので注意してください。

お酒を飲み終わってからできること

お酒を飲み終わって良い気分のまま家に帰るとそのままベッドで寝てしまいがちですが、寝る前に必ず水を飲みましょう。飲む量の目安は約1Lですが、難しければスポーツドリンクにしたり、半分の500mL(ペットボトル1本分)でも構いません。

水を飲まずに寝てしまうと次の日に脱水症状を起こし、水を飲むのもつらいほど具合が悪くなってしまうことがあります。

二日酔いになってからできること

さまざまな対策をしても、二日酔いになってしまった場合はまずは常温の水を飲みましょう。胃が炎症している場合は冷たいものを飲むと胃の中を刺激してしまいます。

また、果汁100%ジュースは水分と一緒に肝臓が機能するためのエネルギーになる糖分、ビタミンも補うことができ、他ではシジミもビタミンが豊富に含まれているため二日酔いにおすすめです。

頭痛をともなう二日酔いの場合は市販の頭痛薬を、吐き気や胃の不快感がある場合は市販の胃腸薬を使用するとある程度作用します。

ただし、アルコールとの併用が禁止されているものもあるので、薬剤師などに相談するか、家にある薬を使用する場合は添付の説明書をよく読んで使用してください。

おわりに

日本人はもともとお酒に弱い人種で、アセトアルデヒドに関わる酵素が白人や黒人に比べて働きづらいという報告があります。

楽しく飲んだ次の日に動けないほど具合が悪くてはせっかくの楽しい時間も台無しになってしまいます。

ヘパリーゼなど肝機能を回復するような医薬品を活用しつつ、自分のペースを崩すことなく無理せずにお酒を飲みましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

【第3類医薬品】新ヘパリーゼドリン...

ヘパリーゼのお役立ち情報

dメニュー