ベラパミルの効果

ベラパミルの正式な成分名はベラパミル塩酸塩です。ベラパミル塩酸塩には2つの剤形があり、効能・効果が異なります。

ベラパミル塩酸塩錠には頻脈性不整脈、狭心症や心筋梗塞、その他の虚血性心疾患に効能・効果がありますが、ベラパミル静注では頻脈性不整脈のみに効能・効果があります。

添付文書上、ベラパミル塩酸塩錠の適応となる頻脈性不整脈は心房細動・粗動、発作性上室性頻拍です。その他、心筋梗塞に使用されますが、急性期には使用されません。

ベラパミルの不整脈への作用機序

ベラパミルには心臓の働きをおさえる作用があるため、頻脈性不整脈に効能効果があります。

頻脈性不整脈はナトリウムイオンやカルシウムイオンの調節ができず、心臓が過剰に働いている状態です。

ベラパミルはカルシウムイオンが細胞内へ入る過程を邪魔する(カルシウム拮抗作用)ことで心臓の働きをおさえ、不整脈に効果を示します。

カルシウムイオンの流入を邪魔して不整脈をおさえることと、ノルアドレナリンや電気刺激による実験的不整脈をおさえることが、ベラパミル塩酸塩の主な薬理作用です。

ベラパミル感受性心室性頻拍への使用

ベラパミル感受性心室頻拍とは小児慢性特定疾患の対象になっている病気です。小児の心室頻拍の中では2番目に多い病気で、主な症状は動悸です。長期間持続すると頻拍誘発性心筋症となり、まれに失神や突然死を起こします。

ベラパミル静注でほとんど改善しますが、効果がない場合にβ遮断薬やNaチャネル遮断薬を静注することがあります。薬がまったく効かない場合や薬を使用できない場合は、心臓の異常部分を焼き切る高周波カテーテルアブレーション治療を行うことがあります。

ベラパミルは群発頭痛に使われる?

反復性群発頭痛の予防にベラパミルの適用外使用が認められています。カルシウム拮抗薬は血管を拡張することで、群発頭痛への予防効果があります。しかしベラパミルは心臓にも作用するため、使用する際は心不全や徐脈の合併が問題となり注意が必要です。

ベラパミルの使い方

ベラパミルの使い方は以下のようになります。年齢、症状によって使用量や使用方法が変わることがあります。

剤形 使い方
錠剤 <大人>
1回1~2錠
1日3回
<子ども>
頻脈性不整脈
1日3~6mg/kg
(1日240mgを上限)
1日3回
静注 <大人>
1回1管
5分以上かけて点滴
<子ども>
1回0.1~0.2mg/kg
(1回5mgを上限)
5分以上かけて点滴

ベラパミルとジゴキシンの飲み合わせ

ベラパミルとジギタリス製剤であるジゴキシンを併用する場合は注意が必要です。

ベラパミルとジゴキシンを併用することでひどい徐脈、房室ブロックなどの徐脈性不整脈が現れることがあります。また、ジギタリスの血中濃度上昇による中毒症状が現れることがあります。

ジゴキシンと併用する場合は定期的に心電図検査を行い、ジゴキシンの中毒症状の有無を確認します。特にβ-遮断剤と呼ばれる心臓の機能をおさえる作用の薬と3剤併用時には注意しなければなりません。

ベラパミルの副作用

ベラパミルの錠剤や注射剤を使用後、以下のような症状が現れた場合はすぐに医師、薬剤師に相談しましょう。

分類 副作用
循環器 血圧低下、房室伝導時間の延長、頭痛、めまい、徐脈
消化器 便秘、吐き気、嘔吐、口のかわき、食欲不振
口腔 歯肉肥厚(歯ぐきが腫れているような症状)
内分泌 ホルモン値の異常
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)の検査値の上昇など
過敏症 発疹
その他 胸の痛み、頭痛、顔面のほてり、臭気感、むくみ

ベラパミルの錠剤の重大な副作用

【循環器障害】

心不全、洞停止、房室ブロック、徐脈(脈が遅くなる)、意識消失が現れることがあるので、このような場合には使用を中止し、適切な処置を行わなければなりません。

【皮膚障害】

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形滲出性紅斑、乾癬型皮疹などの重篤な皮膚障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、発熱、紅斑、かゆみ、眼の充血、口内炎などの症状があらわれた場合には使用を中止し、適切な処置を行わなければなりません。

ベラパミルの禁忌

ベラパミルは錠剤と注射剤で禁忌が異なります。あらかじめ医師や薬剤師に自分の状態をしっかりと情報提供しましょう。

禁忌対象 錠剤 静注
重篤な低血圧あるいは心原性ショック   禁忌
重篤なうっ血性心不全 禁忌 禁忌
第II度以上の房室ブロック、洞房ブロック 禁忌  
高度の徐脈、洞房ブロック、房室ブロック(第II、III度)   禁忌
妊婦又は妊娠している可能性 禁忌  
本剤の成分に対する過敏症の既往歴 禁忌 禁忌
急性心筋梗塞   禁忌
重篤な心筋症   禁忌
β-遮断剤の静注を使用中   禁忌

ベラパミルはワソランのジェネリック

ジェネリック医薬品では一般名+剤形+規格+「屋号」が商品名となっています。たとえば、武田テバファーマ株式会社で製造販売されているベラパミル塩酸塩錠40mg「タイヨー」はベラパミル塩酸塩(一般名)+錠(剤形)+40mg(規格)+「タイヨー」(屋号)のように名前がつけられています。ただし、古い薬ではこの命名規則にしたがっていないものがあります。

ジェネリック一覧

ベラパミルの先発品の商品名はワソランです。2017年8月現在、ワソラン錠のジェネリックは4品目、ワソラン静注のジェネリックは1品目存在します。

錠剤
ベラパミル塩酸塩錠40mg「タイヨー」
ベラパミル塩酸塩錠40mg「ツルハラ」
ベラパミル塩酸塩錠40mg「JG」
ホルミトール錠40mg
注射剤
ベラパミル塩酸塩静注40mg「タイヨー」

おわりに

ベラパミルは頻脈性不整脈の治療に欠かせない医薬品の1つです。不整脈の状態によっては通常の使用方法と異なる場合があります。気になることがあれば、まずは主治医と相談するようにしましょう。