強力ポステリザン(軟膏)

マルホ

処方薬 先発 塗り薬

基本情報

副作用

◼︎強力ポステリザン(軟膏)の主な副作用は下記の通りです。
過敏症:接触性皮膚炎、紅斑、発疹、皮膚刺激感
皮膚:皮膚及び陰部の真菌感染症(カンジダ症、白癬等)、ウイルス感染症、細菌感染症
眼:中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出
内分泌系:下垂体・副腎皮質系機能の抑制

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・緑内障
・後嚢白内障

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方は強力ポステリザン(軟膏)を使用できません。
・局所に結核性、化膿性感染症またはウイルス性疾患のある方
・局所に真菌症(カンジダ症、白癬など)のある方
・強力ポステリザン(軟膏)に対しアレルギー反応をおこしたことのある方
・ヒドロコルチゾンに対しアレルギー反応をおこしたことのある方

◼︎眼科用として使用しないでください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ使用を控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中の方は使用することができますが、かかりつけの医師に確認するなどしてから使用するようにしてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。ステロイド剤の大量または長期の使用により発育障害を来すという報告もあるため、必ず医師の指示のもと使用するようにしてください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

強力ポステリザン(軟膏)との使い合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

薬効・薬理

大腸菌死菌浮遊液及びヒドロコルチゾンの協力作用により、局所感染防御作用、肉芽形成促進作用、抗炎症作用を示し、痔の痛み、出血、かゆみ、腫れなどを緩和します。