ボラギノールの選び方!ステロイドは入ってる?種類や違いを解説

痔の市販薬ボラギノールを徹底解説。痔のできている部位やステロイドの有無などからボラギノールの選び方を紹介します。種類やそれぞれの使い方、ボラギノールAシリーズとMシリーズの違いも解説します。

痔と聞いて一般的に思い浮かぶのは、イボ痔と切れ痔ではないでしょうか。

痔の種類は、イボ痔・切れ痔・痔ろうの3つに大きくわけられますが、ボラギノールが有効なのはイボ痔と切れ痔です。

痔ろうは肛門の周囲が化膿して膿が溜まり、膿が出たり赤く腫れあがってズキズキとした痛みが出るものです。痔ろうの場合は市販薬で治すのではなく、病院での治療が必要になります。痔ろうが疑われる症状が出たときは、早めに病院を受診しましょう。

イボ痔や切れ痔の場合は、生活習慣の改善や市販薬での改善が可能なため、病院を受診する前に対処法の1つとしてボラギノールを使用してみると良いでしょう。

ボラギノール外用剤の種類と使い方

ボラギノールの外用剤には、AシリーズとMシリーズがあり、それぞれに注入軟膏・坐剤・軟膏の3種類があります。

どの剤形もイボ痔と切れ痔のどちらにも使用できるため、基本的には痔ができている部位によって使いわけます。

剤形 適用部位
注入軟膏(Aシリーズのみ) 肛門の内と外の痔

坐剤(A・Mどちらも有)

肛門の内側の痔
軟膏(A・Mどちらも有) 肛門の外側・肛門付近の痔

注入軟膏の使い方

寒い季節や低温での保管で軟膏が硬くなって出しにくい場合は、容器を手で包んで温めるとやわらかくなります。

【肛門の内側に使用する場合】

キャップを外し、軟膏をノズルの先端より少し出します。ノズル部分を肛門内に入れ、ゆっくり軟膏を押し出して注入し、容器を押したままの状態で引き抜きます。

注入軟膏1個で1回分なので、使い切りましょう。肛門内に容器全体を入れないでください。

【肛門の外側の痔に使用する場合】

キャップを外し、清潔な指に患部をおおう量の軟膏を取り、そのまま塗るか、ガーゼなどにのばして塗ってください。一度塗り薬として使用した注入軟膏は、量が少なくなっているため、注入には使用しないでください。

坐剤の使い方

アルミシートから切り離し、坐剤を取り出してください。坐剤の底を持ち、とがっている先の方から肛門内に坐剤が全部入るまで指で十分に押しこんでください。

坐剤が外に出ないように、挿入直後に激しい運動をするのは避けましょう。異物感が残ることがありますが、坐剤が溶けるとなくなっていきます。

坐剤が柔らかい場合は、しばらく冷やしてから使用しましょう。寒い時期や低温での保管で硬すぎる場合は、手で温めてから使用しましょう。

軟膏の使い方

外したキャップを逆さにして、キャップの突起部をチューブの先に強く押し当てると封を開けることができます。清潔な指に患部をおおう量の軟膏を取り、そのまま塗るか、ガーゼなどにのばして塗ってください。

寒い季節や低温での保管で軟膏が硬くなって出しにくい場合は、容器を手で包んで温めるとやわらかくなります。

使用するタイミング

注入軟膏・坐剤・軟膏ともに、排便後・入浴後・寝る前の使用が効果的です。

ボラギノールAとMの違いはステロイドの有無

ボラギノールAシリーズはステロイド剤の1つであるプレドニゾロン酢酸エステルが配合されています。ボラギノールMシリーズはステロイド剤は配合されていません。

ボラギノールAとMどちらを選ぶ?

ボラギノールMにも非ステロイド性の抗炎症作用があるグリチルレチン酸が配合されていますが、炎症をしずめる作用はステロイドの方が強くなっています。かゆみに対しても、ステロイドを配合したボラギノールAの方がより効き目を感じるでしょう。

痔の症状がひどいと感じる場合にはボラギノールAシリーズを、そこまで症状がひどく感じられなかったり、ステロイド剤を使用することに抵抗がある場合はボラギノールMシリーズを選ぶと良いでしょう。

ステロイド剤は長期での使用により、皮膚が薄くなったり赤くなったりすることがあることも考慮しましょう。

シリーズ名 ステロイド 効き目の強さ 効果・効能
ボラギノールA 強い 痛み・出血・はれ・かゆみの緩和
ボラギノールM 弱め 痛み・かゆみの緩和

ボラギノールの内服薬

ボラギノールには外用剤だけではなく、3種類の生薬エキスとビタミンE酢酸エステルを配合した飲み薬もあります。

イボ痔や切れ痔になる原因の1つとして、直腸肛門部の血液循環が関係しています。ボラギノール内服薬は血液循環を良くし、炎症をおさえて痛み・出血・かゆみ・はれを体の中から改善します。

使用上の注意

ボラギノールの外用剤との併用は避けてください。また、15歳以下の小児は使用できません。

用途別!ボラギノールの選び方

ボラギノールを選ぶポイントは、痔のできている部位と症状の程度、ステロイドの使用に抵抗がないかどうかが判断基準になります。

すべてイボ痔・切れ痔のどちらにも対応しています。

肛門付近と内側の痔どちらにも使いたいとき:ボラギノールA注入軟膏

商品価格:¥ 1,245

 

 1個で1回分(2g)の量が入っており、使い切りなので清潔に使用できます。10個入りと30個入りがあります。個別包装になっているため、携帯することもできます。注入軟膏はステロイドの入っているAシリーズのみです。

肛門内に注入することができるため、主に内側のイボ痔に適していますが、指やガーゼなどにとって肛門付近や外側のイボ痔や切れ痔にも使用することができます。

肛門の内側と外側のどちらにも使用したい方におすすめです。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド
肛門内側 イボ痔 注入 あり
肛門周辺や外側 イボ痔・切れ痔 塗布

肛門内側のイボ痔や切れ痔に(ステロイド入):ボラギノールA坐剤

商品価格:¥ 1,709

 

10個・20個・30個入りがあります。

肛門内に挿入して使うため、内側で溶けて拡がり、患部に直接効きます。素早く体温で溶けて拡がります。薬のベースが油脂性のため、傷ついた患部を保護し、排便がスムーズに行える手助けになります。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド 効果
肛門内側 イボ痔・切れ痔 挿入 あり 強い

肛門内側のイボ痔や切れ痔に(ステロイド無):ボラギノールM坐剤

商品価格:¥ 1,991

 

10個入りと30個入りがあります。

ステロイドが入っていないタイプの坐剤です。痛みやかゆみなどの症状が軽かったり、ステロイド剤の使用に抵抗がある場合はMシリーズの坐剤をおすすめします。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド 効果
肛門内側 イボ痔・切れ痔 挿入 なし 弱め

肛門付近や外側のいぼ痔・切れ痔に(ステロイド入):ボラギノールA軟膏

商品価格:¥ 973

 

軟膏は20g入りの1種類です。

肛門付近や外側にできているイボ痔や切れ痔に直接塗ります。清潔にした手で塗るか、ガーゼに伸ばして塗りましょう。

ステロイドが入っているため、痛みやかゆみ、出血など症状がひどいときには、ボラギノールA軟膏を使用すると良いでしょう。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド 効果
肛門付近・外側 イボ痔・切れ痔 塗布 あり 強め

肛門付近や外側のいぼ痔・切れ痔に(ステロイド無):ボラギノールM軟膏

商品価格:¥ 764

 

軟膏は20g入りの1種類です。価格はステロイド入りのAシリーズよりも安くなっています。

ステロイド剤の入っていない軟膏です。痛みやかゆみなどの症状が軽かったり、ステロイド剤の使用に抵抗がある場合はMシリーズの軟膏をおすすめします。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド 効果
肛門付近・外側 イボ痔・切れ痔 塗布 なし 弱め

体の中から痔を治したいとき:内服ボラギノールEP

商品価格:¥ 1,909

 

イボ痔・切れ痔・痔出血に使用できます。

痔の原因のもととなる血液循環を良くして炎症をおさえる作用のあるボタンピ・セイヨウトチノキの種子、炎症をおさえる作用のあるシコンの3つの生薬エキスが配合されています。

体の内側から痔を改善したい方におすすめです。ただし、ボラギノール外用剤との併用は避けてください。

適応する部位 痔の種類 使い方 ステロイド
肛門のすべて イボ痔・切れ痔 内服 なし

ボラギノールの副作用

ボラギノールはシリーズによって配合されている成分が異なるため、副作用も違いがあります。

どの種類でも、10日程度使用しても症状が良くならない場合は使用を中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。特にステロイド剤が配合されているAシリーズの長期間の使用は注意が必要です。

ボラギノールAシリーズの副作用

主な副作用として、発疹・発赤・かゆみ・はれ・刺激感・化膿があります。

ステロイド剤が配合されているため、長期間の使用により肌が薄くなったり赤くなったりすることがあります。

注入軟膏と坐剤では、まれにですが使用直後にじんましん・のどのかゆみ・動悸などのショック症状が起きる可能性があります。異常を感じた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

ボラギノールMシリーズの副作用

主な副作用として、発疹・発赤・かゆみ・はれ・刺激感があります。

坐剤では、まれにですが使用直後にじんましん・のどのかゆみ・動悸などのショック症状が起きる可能性があります。また、手足のだるさ・しびれ・つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感や筋肉痛があらわれることがあります。異常を感じた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

ボラギノール内服薬の副作用

主な副作用として、発疹・発赤・かゆい・食欲不振・吐き気・嘔吐があります。また、下痢をする可能性があります。下痢の症状が出た場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

妊娠中・授乳中や子どもの使用について

外用剤・内服薬ともに、妊娠中にボラギノールを使用したい場合は、主治医に相談しましょう。授乳中は使用が可能です。

外用剤・内服薬ともに、15歳未満の小児は使用できません。

おわりに

痔の原因には生活習慣も関わっています。長時間座り続けることは肛門周辺のうっ血をうながし、痔の原因となったり痔を悪化させることにもつながります。座りっぱなしを避け、定期的に立ち上がって休憩をとることが大切です。

また、食物繊維を多く含む食品を意識してとりましょう。毎日の便通が良くなれば強くいきむことも減り、肛門への負担を減らすことができます。

薬を使いながら、生活習慣の改善も同時に意識しましょう。

ピックアップ特集