ボラザG坐剤

武田薬品工業/ 天藤製薬

処方薬 先発 坐剤・膣錠・浣腸剤

基本情報

副作用

副作用は少ない安全な薬とされていますが全くないわけではありません。主な副作用として、発疹、肛門そう痒等の皮膚症状、下痢等の消化器症状、局所の刺激感等があります。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。

・アナフィラキシー

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はボラザG坐剤を使用できません。

・ボラザG坐剤の成分(トリベノシド、リドカイン)に対し過去にアレルギー反応を起こしたことのある方。
・トリベノシド又はアニリド系局所麻酔剤(リドカイン等)に対し過去にアレルギー反応を起こしたことのある方。

◼︎下記に当てはまる方はボラザG坐剤使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

・他の薬剤や食物等に対して過去にアレルギー反応を起こしたことのある方。
・気管支喘息、アレルギー性鼻炎等アレルギー疾患のある方およびそれらを患ったことのある方。
・慢性関節リウマチのある方。
・高齢者。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。医師の処方のとおりに使用してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■下記のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン等)
・他のトリベノシド製剤又はリドカイン製剤

薬効・薬理

直腸や肛門部への循環障害改善作用、抗浮腫作用、創傷治癒促進作用を示し、表面麻酔作用から直腸や肛門部の痛みを抑えます。