ポララミン錠2mg

高田製薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として発疹、光線過敏症、低血圧、心悸亢進、頻脈、期外収縮などがあります。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック
・痙攣、錯乱
・再生不良性貧血、無顆粒球症

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はポララミン錠2mgを使用できません。
・ポララミン錠2mgの成分であるd-クロルフェニラミンマレイン酸塩または類似化合物に対しアレルギー反応を起こしたことのある方
・緑内障の方
・前立腺肥大など下部尿路に閉塞性疾患のある方

◼︎下記に当てはまる方はポララミン錠2mgとの併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・眼内圧亢進のある方
・甲状腺機能亢進症のある方
・狭窄性消化性潰瘍、幽門十二指腸通過障害のある方
・循環器系疾患のある方
・高血圧症の方

◼︎眠気を催すことがあるので、ポララミン錠2mgを使用中は自動車の運転などの危険を伴う機械の操作はしないようにしてください。

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中の服用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎低出生体重児や新生児はポララミン錠2mgを使用できません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎下記のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・中枢神経抑制剤、MAO阻害剤、抗コリン作用を有する薬剤
・ドロキシドパ、ノルアドレナリン

◼︎アルコール(飲酒)と併用すると、相互に作用が強くなるおそれがあります。薬を使用中は飲酒は控えてください。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、4mgを使用した場合約3時間後とされています。また、その後約7.9時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

抗ヒスタミン作用があります。