ボルタレン錠25mg

ノバルティスファーマ

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用として、食欲不振や吐き気、下痢などの消化器症状や、むくみなどの全身症状、皮膚のかゆみや赤み、頭痛や眠気、めまい、耳鳴りなどがあります。

■下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。
・ショック、アナフィラキシー
・消化管潰瘍
・再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)
・急性腎不全
・重症喘息発作(アスピリン喘息)
・間質性肺炎
・うっ血性心不全、心筋梗塞
・無菌性髄膜炎
・重篤な肝障害
・急性脳症
・横紋筋融解症
・脳血管障害

使用上の注意点

■以下に当てはまる方はボルタレン錠25mgを使用できません。
・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常のある方
・重篤な肝障害のある方
・重篤な腎障害のある方
・重篤な高血圧症のある方
・重篤な心機能不全のある方
・ジクロフェナクナトリウムに対して過去にアレルギー反応を起こしたことのある方
・直腸炎、直腸出血または痔疾のある方
・アスピリン喘息のある方
・インフルエンザの臨床経過中の脳炎や脳症のある方

■以下のような方はボルタレン錠25mgの使用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。
・消化性潰瘍にかかったことのある方
・血液の異常のある方または過去にかかったことのある方
・出血傾向のある方
・肝障害の方または過去にかかったことのある方
・腎障害の方または過去にかかったことのある方
・腎血流量が低下しやすい方
・高血圧症のある方
・心機能障害のある方
・SLE(全身性エリテマトーデス)の方
・気管支喘息のある方
・潰瘍性大腸炎の方
・クローン病の方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある方で、ボルタレン錠25mgの長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている方

■高齢者は、過度の体温下降・血圧低下によるショック症状があらわれやすいので、注意して使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊婦の方、または妊娠している可能性のある方は使用できません。

■授乳中も同様に使用を控えることとなっていますが、止むを得ず使用する場合は薬が効いているとされる間の授乳は避けてください。

■15歳未満の子供に使用する場合には、副作用の発現に特に注意し必要最低限の使用にとどめてください。
また、ウイルス性疾患(水痘、インフルエンザなど)にかかっている方には原則として使用しませんが、医師の判断により使用する場合があります。
また、15歳未満の子供は過度の体温効果や血圧低下によるショック症状があらわれるおそれがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■以下のようなお薬を飲まれている方は使用できません。
・トリアムテレン(トリテレン)

■ 以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。
・CYP2C9を阻害する薬剤(ボリコナゾールなど)
・ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシンなど)
・リチウム、強心配糖体(ジゴキシンなど)、メトトレキサート
・アスピリン
・非ステロイド性消炎鎮痛剤
・副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロンなど)
・降圧剤(β-遮断剤、ACE阻害剤、アンジオテンシンII受容体拮抗剤など)
・利尿剤(ヒドロクロロチアジド、フロセミドなど)
・カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、カンレノ酸)、抗アルドステロン剤(エプレレノン)
・抗凝血剤及び抗血小板薬(ワルファリン、レビパリン、クロピドグレル、エノキサパリンなど)
・シクロスポリン
・ドロスピレノン・エチニルエストラジオール
・コレスチラミン
・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)(フルボキサミン、パロキセチン)

薬効・薬理

炎症や痛み、発熱の原因とされるプロスタグランジンという生体内の物質の合成を阻害する作用を示します。