マクサルトRPD錠10mg

エーザイ/ 杏林製薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

◼︎マクサルトRPD錠10mgのおもな副作用は下記の通りです。
・傾眠、倦 怠 感、め ま い、口の渇き、脱力、悪心、感覚が鈍る等

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状
・不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状
・てんかん様発作
・頻脈(WPW症候群における)
・血管性浮腫
・中毒性表皮壊死症(中毒性表皮壊死融解症)
・呼吸困難
・ 失神

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はマクサルトRPD錠10mgを使用できません。
・マクサルトRPD錠10mgの成分でアレルギー発作を起こした事のある人
・ 心筋梗塞を起こしたことのある人、虚血性心疾患又はその症状・兆候のある人、異型狭心症(冠動脈攣縮)のある人
・脳血管障害や一過性脳虚血性発作を起こしたことがある人
・ 末梢血管障害がある人
・コントロールされていない高血圧症の人
・重度の肝機能障害がある人
・血液透析中の人
・エルゴタミン、エルゴタミン誘導体含有製剤、あるいは他の5-HT1B/1D受容体作動薬を使用中の人
・モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)を使用中、あるいは使用中止2週間以内の人
・プロプラノロール塩酸塩を使用中の人

◼︎下記に当てはまる方はマクサルトRPD錠10mgとの併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・虚血性心疾患の可能性のある人(例えば、虚血性心疾患を疑わせる重篤な不整脈のある人、閉経後の女性、40歳以上の男性、冠動脈疾患の危険因子を有する人)
・肝機能障害がある人
・てんかんあるいは痙攣を起こしやすい器質的脳疾患のある人
・脳血管障害の可能性のある人
・ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群(WPW症候群)又は他の心臓副伝導路と関連した不整脈のある人
・コントロールされている高血圧症の人

◼︎マクサルトRPD錠10mgの使用後、胸痛、胸部圧迫感等の一過性の症状(強度で咽喉頭部に及ぶ場合がある)があらわれることがあります。このような症状が虚血性心疾患によると思われる場合には、以後の使用を中止し、虚血性心疾患の有無を調べるための適切な検査を医療機関で行ってください。

◼︎心血管系の疾患が認められない人においても、重篤な心疾患が極めてまれに発生することがあります。このような場合は以後の使用を中止し、医師の診断を受けてください。

◼︎片頭痛あるいはマクサルトRPD錠10mgの使用により眠気を催すことがあるので、薬を使用中は自動車の運転等危険を伴う機械操作をおこなわないよう、十分に注意してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下の薬を使用している方はマクサルトRPD錠10mgを使用できません。マクサルトRPD錠10mgの作用が増強される等のおそれがあります。
・エルゴタミン製剤:エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン(クリアミン)
・エルゴタミン誘導体含有製剤:ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩(ジヒデルゴット)、エルゴメトリンマレイン酸塩(エルゴメトリンマレイン酸塩「F」)、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(メテルギン)
・5-HT1B/1D受容体作動薬:スマトリプタンコハク酸塩(イミグラン)、ゾルミトリプタン(ゾーミッグ)、エレトリプタン臭化水素酸塩(レルパックス)、ナラトリプタン塩酸塩(アマージ)
・MAO阻害剤
・プロプラノロール塩酸塩(インデラル)

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・選択的セロトニン再取り込み阻害剤:フルボキサミンマレイン酸塩、パロキセチン塩酸塩水和物等
・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤:ミルナシプラン塩酸塩

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を飲んでから約1.3時間後とされています。
また、その後約1.7時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

有効成分のリザトリプタンは、頭蓋血管に存在する5-HT1B受容体に作用し、片頭痛発作時に拡張すると考えられている脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させます。また、三叉神経に存在する末梢及び中枢抑制性5-HT1D受容体に作用し、各種ペプチド(サブスタンスP、カルシトニン遺伝子関連ペプチド等)の放出を妨げ、血管拡張、硬膜の炎症、中枢性疼痛の伝達を抑制すると思われます。リザトリプタンは、これらの作用により片頭痛を改善すると考えられています。