ミヤリサンの効果

ミヤリサンは便通を整える整腸剤です。軟便、便秘、腹部膨満感にも使用されます。

薬の主な成分は宮入菌(酪酸菌)です。宮入菌は、腸内の腐敗を抑制する力が強いといわれています。また、消化酵素や酪酸、ビタミン類などを生み出す働きもあります。

炎症などから腸内を守り腸環境を安定維持させるほか、腸内のエネルギー源としても働く薬です。

宮入菌とは?

宮入菌は、1933年にミヤリサン製薬の初代社長・宮入近治により発見されました。

宮入菌を使用した薬は、抗生物質の使用によってひきおこされる下痢や腸内フローラの異常によるさまざまな症状改善に使用されています。

宮入菌はヒトだけではなく、ウシなどの哺乳動物などにも有効な菌です。

ミヤリサンはこんな方におすすめ!

ミヤリサンは、腸内環境が乱れることでおこる便秘・軟便・腹部のはったような感じなどに使用します。以下の要因に該当し便秘・下痢・腹痛などを起こしやすい方に特に向いている薬です。

ストレスを受けやすい方

腸には消化管の機能を調整する神経系がたくさんあるため、精神的なストレスは腸にも影響を及ぼします。ストレスが腸内環境を乱し、下痢や便秘を引き起こしやすくします。

肉類・脂質の多い食生活の方

動物性たんぱく質や脂質の多い食事は、腸に悪玉菌を増やします。悪玉菌が増えると腸内環境が乱れるため、便秘などのトラブルを起こしやすくなります。

抗生剤をよく使用する方

抗生剤は病気の原因菌だけでなく、病気と関係のない、必要な菌まで排除してしまう場合があります。腸内で必要な菌が減ると腸内環境が乱れトラブルを起こしやすくなります。

ミヤリサンシリーズを比較!

現在、ミヤリサンシリーズは「強ミヤリサン錠」と「新ミヤリサンアイジ整腸薬」の2つがあります。どちらも整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感に効果を発揮し、薬の効果に違いはありません。

どちらも1日3回の使用で基本的には食後に使用します。また、妊娠中や授乳中でも使用可能で、胎児・乳児に与える影響も基本的にはありません。

「強ミヤリサン錠」と「新ミヤリサンアイジ整腸薬」で異なる点を確認しましょう。

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

新ミヤリサンアイジ整腸薬

  強ミヤリサン 新ミヤリサンアイジ整腸薬
剤形 錠剤 粉末
成分 宮入菌(酪酸菌) 宮入菌(酪酸菌)
ピリドキシン塩酸塩
リボフラビン
子どもの使用 5歳以上から使用可 生後3ヶ月以上から使用可

剤形

強ミヤリサン錠が錠剤に対し、新ミヤリサンアイジ整腸薬は粉薬です。

錠剤を飲みにくい子どもやお年寄りには、粉薬がおすすめです。ただし、新ミヤリサンアイジ整腸薬の粉薬は瓶の中に収められており、使用する際にスプーンなどを使って取り出す必要があります。

錠剤は手軽に使用できることがメリットであると言えるでしょう。

成分

強ミヤリサン錠の成分が宮入菌のみに対し、新ミヤリサンアイジ整腸薬は宮入菌の他にピリドキシン塩酸塩、リボフラビンが配合されています。

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6、リボフラビンはビタミンB2で、腸内の善玉菌の生育を助け腸内環境を整えるのに有効です。

新ミヤリサンアイジ整腸薬は宮入菌以外にも有効な成分が含まれていますが、1日あたりに使用する薬の成分量は強ミヤリサン錠のほうが多く、どちらの効果が優れているのかは一概にいうことができません。

子どもの使用

強ミヤリサン錠が5歳以上から使用可能であることに対し、新ミヤリサンアイジ整腸薬は生後3ヶ月から使用が可能です。

幼い子どもが錠剤を使用した場合、喉につかえてしまうなどの事故がおこるおそれがあったり、うまく飲み込めない場合もあります。

錠剤の使用は、子どもが薬に慣れてから選択するのがよいでしょう。

整腸薬ミヤフローラEX

ミヤリサンの他にも宮入菌を使用した整腸剤ミヤフローラEXもあります。ミヤフローラEXは、腸内環境を整える宮入菌のほか、弱っている肝機能を改善させる働きがあるウルソデオキシコール酸が配合されています。腸や便通を整える効果のほか、胃もたれ、消化促進、消化不良による胃部・腹部膨満感などにも効果が期待できます。

8歳以上の子どもから使用可能。妊娠中・妊娠のおそれのある方は、医師や薬剤師に相談した上で使用してください。授乳中の方の使用は、基本的に問題ありません。

メディズワン ミヤリサン製薬 ミヤフローラEX (230錠) 指定医薬部外品

ミヤリサンの副作用

ミヤリサンは、特に目立った副作用の報告はされていません。

ただし、使用量をまもらなかった場合、下痢になるなど何らかの不調をきたすこともあります。使用量や使用方法を必ず確認し正しく使用してください。

おわりに

ミヤリサンは、小さい子どもや妊婦でも使用ができる比較的安全な薬といえます。

ただし、用法用量を正しく守って使用しないと悪影響を及ぼすおそれがあります。薬の使用前や使用後に気になることがあれば、薬剤師や医師に相談しましょうなどに相談しましょう。

お腹の調子が悪いけれど病院へ行くほどではないかな…と思った場合にミヤリサンの使用も検討してはいかがでしょうか。