アレグラ

錠剤

処方薬のアレグラ

  • (医薬品画像)アレグラ錠60mg

    アレグラ錠60mg

    アレグラは、アレルギーの症状を抑える薬です。アレルギー性鼻炎やアレルギー性の皮膚疾患などの治療に使用されます。 アレルギーはヒスタミンという体内物質と神経受容体が結合することで刺激がおこり、アレルギー症状をあらわします。アレグラは、神経受容体を遮断することによりアレルギーの発生を抑えます。 花粉症の時によく処方される薬ですが、眠気があらわれにくいという特徴があります。 アレグラの剤形は、錠剤のほか、OD錠とドライシロップ(粉薬)があります。

  • (医薬品画像)アレグラOD錠60mg

    アレグラOD錠60mg

    アレグラは、アレルギーの症状を抑える薬です。アレルギー性鼻炎やアレルギー性の皮膚疾患などの治療に使用されます。 アレルギーはヒスタミンという体内物質と神経受容体が結合することで刺激がおこり、アレルギー症状をあらわします。アレグラは、神経受容体を遮断することによりアレルギーの発生を抑えます。 花粉症の時によく処方される薬ですが、眠気があらわれにくいという特徴があります。 アレグラの剤形は、口の中で崩壊するOD錠のほか、錠剤とドライシロップ(粉薬)があります。

  • (医薬品画像)アレグラドライシロップ5%

    アレグラドライシロップ5%

    アレグラは、アレルギーの症状を抑える薬です。アレルギー性鼻炎やアレルギー性の皮膚疾患などの治療に使用されます。 アレルギーはヒスタミンという体内物質と神経受容体が結合することで刺激がおこり、アレルギー症状をあらわします。アレグラは、神経受容体を遮断することによりアレルギーの発生を抑えます。 花粉症の時によく処方される薬ですが、眠気があらわれにくいという特徴があります。 アレグラの剤形は、ドライシロップ(粉薬)のほか、錠剤とOD錠があります。

  • (医薬品画像)アレグラ錠30mg

    アレグラ錠30mg

    アレグラは、アレルギーの症状を抑える薬です。アレルギー性鼻炎やアレルギー性の皮膚疾患などの治療に使用されます。 アレルギーはヒスタミンという体内物質と神経受容体が結合することで刺激がおこり、アレルギー症状をあらわします。アレグラは、神経受容体を遮断することによりアレルギーの発生を抑えます。 花粉症の時によく処方される薬ですが、眠気があらわれにくいという特徴があります。 アレグラの剤形は、錠剤のほか、OD錠とドライシロップ(粉薬)があります。

アレグラの関連記事

アレグラに関するみんなの疑問

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

ピックアップ特集