メフルシド錠25mg「日医工」

日医工

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は食欲不振,胃部不快感等の胃腸症状,尿酸値の上昇,低カリウム血症等です。


下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

・低ナトリウム血症
けいれん、意識の低下、頭痛、吐き気、嘔吐、吐き気、食欲不振、吐き気

・低カリウム血症
脱力感、意識がうすれる、考えがまとまらない、口渇、息苦しい、手足のまひ、筋力の低下、判断力の低下

使用上の注意点

下記のような方は本剤を使用しないでください。

1.無尿,急性腎不全の患者〔腎機能を更に悪化させるおそれがある.〕
2.体液中のナトリウム・カリウムが明らかに減少している患者〔低ナトリウム血症,低カリウム血症等の電解質失調を悪化させるおそれがある.〕
3.既往にチアジド系薬剤又はその類似化合物(例えばクロルタリドン等のスルホンアミド誘導体)に対する過敏症を起こした患者〔皮疹,光線過敏症があらわれるおそれがある.〕
4.肝性昏睡の患者〔血中アンモニア濃度を上昇させ症状を悪化させるおそれがある.〕


下記のような方は本剤の使用には注意が必要です。
症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。

1.肝硬変の患者又は強心配糖体の治療を受けている患者〔連用により低カリウム血症等の電解質失調があらわれることがあるので,このような場合には十分なカリウム補給を行うなどの処置を行うこと.〕
2.心疾患のある高齢者,重篤な冠硬化症又は脳動脈硬化症のある患者〔急激な利尿があらわれた場合,急速な血漿量減少,血液濃縮を来し,血栓塞栓症を誘発するおそれがある.〕
3.重篤な腎障害のある患者〔低カリウム血症を起こすおそれがある.
4.肝疾患・肝機能障害のある患者〔肝機能障害を悪化させることがある.
5.本人又は両親,兄弟に痛風,糖尿病のある患者〔高尿酸血症,高血糖症を来し,痛風,血糖値の悪化や痛風が顕性化するおそれがある.
6.下痢,嘔吐のある患者〔電解質失調があらわれるおそれがある.
7.高カルシウム血症,副甲状腺機能亢進症の患者〔カルシウム貯留作用があり副甲状腺腫になるおそれがある.
8.ジギタリス剤,グリチルリチン製剤,糖質副腎皮質ホルモン剤又はACTHの投与を受けている患者
9.乳児
10.減塩療法時の患者〔低ナトリウム血症等の副作用が起こるおそれがある.
11.高齢者
12.交感神経切除後の患者〔本剤の降圧作用が増強されるおそれがある.〕

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中はできるだけ控えることとなっています。
どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。
授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。

小児、新生児、乳児、幼児に対する安全性はまだ確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

下記のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

バルビツール酸誘導体:
起立性低血圧を増強することがある.

あへんアルカロイド系麻薬:
起立性低血圧を増強することがある.

昇圧アミン(ノルアドレナリン等):
昇圧アミンの作用を減弱させるおそれがある.手術前の患者に使用する場合には一時休薬等の処置を行うこと.

ツボクラリン及びその類似作用物質(ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物等):
麻痺作用を増強するおそれがある.手術前の患者に使用する場合には一時休薬等の処置を行うこと.

他の降圧剤(ACE阻害剤,β遮断剤等):
降圧作用を増強させ,血圧低下を起こすおそれがあるので,降圧剤の用量調節等に注意すること.
 
ジギタリス剤(ジゴキシン,ジギトキシン):
不整脈等を起こすおそれがある.血清カリウム値に十分注意すること.

グリチルリチン製剤:
血清カリウム値の低下があらわれやすくなる.

糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTH:
低カリウム血症を起こすおそれがある.

糖尿病用剤(SU剤,インスリン):
糖尿病用剤の作用を著しく減弱するおそれがある.

リチウム:
リチウム中毒(手指の振戦,せん妄,痙攣等)を起こすおそれがある.血清リチウム濃度に注意すること.

コレスチラミン:
利尿降圧効果を減弱するおそれがある.

非ステロイド系消炎鎮痛剤(インドメタシン等):
利尿降圧効果を減弱するおそれがある.


下記のような食品等の併用には注意が必要です。

アルコール(飲酒):
起立性低血圧を増強することがある.

薬効・薬理

交感神経終末におけるノルアドレナリン再吸収低下の改善による降圧作用、尿細管におけるナトリウム及び水の再吸収の抑制による利尿作用を示します。