アレロック

錠剤

処方薬のアレロック

  • (医薬品画像)アレロック顆粒0.5%

    アレロック顆粒0.5%

    アレロックは、アレルギーを抑える薬です。アレルギー症状に関わるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の産生・放出・遊離を抑えアレルギー症状をやわらげる作用があり、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使われます。 第二世代の抗ヒスタミン薬で、効果には持続性があり、1日2回、朝と就寝前の使用で効き目が持続します。 剤形は顆粒剤のほかに、錠剤、OD錠、眼科用の点眼液があります。

  • (医薬品画像)アレロック錠5

    アレロック錠5

    アレロックは、アレルギーを抑える薬です。アレルギー症状に関わるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の産生・放出・遊離を抑えアレルギー症状をやわらげる作用があり、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使われます。 第二世代の抗ヒスタミン薬で、効果には持続性があり、1日2回、朝と就寝前の使用で効き目が持続します。 剤形は錠剤のほかに、OD錠、顆粒剤、眼科用の点眼液があります。

  • (医薬品画像)アレロックOD錠5

    アレロックOD錠5

    アレロックは、アレルギーを抑える薬です。アレルギー症状に関わるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の産生・放出・遊離を抑えアレルギー症状をやわらげる作用があり、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使われます。 第二世代の抗ヒスタミン薬で、効果には持続性があり、1日2回、朝と就寝前の使用で効き目が持続します。 剤形はOD錠のほかに、錠剤、顆粒剤、眼科用の点眼液があります。

  • (医薬品画像)アレロックOD錠2.5

    アレロックOD錠2.5

    アレロックは、アレルギーを抑える薬です。アレルギー症状に関わるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の産生・放出・遊離を抑えアレルギー症状をやわらげる作用があり、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使われます。 第二世代の抗ヒスタミン薬で、効果には持続性があり、1日2回、朝と就寝前の使用で効き目が持続します。 剤形はOD錠のほかに、錠剤、顆粒剤、眼科用の点眼液があります。

  • (医薬品画像)アレロック錠2.5

    アレロック錠2.5

    アレロックは、アレルギーを抑える薬です。アレルギー症状に関わるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の産生・放出・遊離を抑えアレルギー症状をやわらげる作用があり、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使われます。 第二世代の抗ヒスタミン薬で、効果には持続性があり、1日2回、朝と就寝前の使用で効き目が持続します。 剤形は錠剤のほかに、OD錠、顆粒剤、眼科用の点眼液があります。

アレロックの関連記事

アレロックに関するみんなの疑問

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

ピックアップ特集