アロエは便秘・火傷などにも使用される万能植物

アロエは古くから、薬や食用、鑑賞用などとして知られてきた植物です。アロエの種類は300~400種類にものぼるといわれており、利用目的によって品種が選択されます。

日本ではキダチアロエという種類が主流で、便秘の時に食べる・液を飲む、切り傷やかぶれに対して塗る・貼るなどして古くから使用されてきました。

日本で薬に使用できるアロエは1種類のみ

日本で薬に使用されているアロエは「ケープアロエ」という種類です。飲み薬では胃腸薬、便秘薬に使用され、塗り薬では火傷、擦り傷、切り傷、しもやけ、あかぎれ、ひび、打ち身、痔などに使用されます。

アロエの効果

アロエにはさまざまな成分が含まれています。胃を丈夫にしたり便秘解消効果が期待できるアロイン(アロエエモジン)、殺菌作用のあるアロエチンなどがあります。また、アロエの粘液には保湿作用などもあります。

成分名 働き
アロイン
アロエエモジン
胃を丈夫にする(健胃作用)
便秘解消(瀉下作用)
炎症をおさえる(消炎作用)
アロエニン 胃を丈夫にする
アロエシン 抗菌作用
アロエチン 殺菌作用 
菌がだす毒素を無毒化する(菌毒素中和作用)
粘液質(多糖体) 保湿作用

出典:アロエ製薬株式会社ホームページ

アロエ成分が含まれる製品

アロエの働きは薬以外にも大きく注目されています。

肌のターンオーバーを促進したり、皮膚の構築作用などがあることから美容関係の製品にはアロエの液汁が使用されます。また、さまざまな栄養素が含まれることから、食品などにも使用されています。

美容製品

アロエには、肌・表皮のターンオーバーを促進する、細胞同士の接着因子を増やすことで強固な皮膚構造を作るなどの働きがあります。

そのため、化粧水・クリーム・ローションなどのスキンケア製品などに使用されることが多くあります。美容製品には主にアロエベラという種類の液汁が使用されます。

アロインス オーデクリームS 185g

日焼け止め

アロエ成分を使用した日焼け止めは、太陽にさらされてダメージを受けた肌を整えたり、ほてった肌を鎮める働きが期待できます。

また、アロエならではの天然保湿成分が肌へのうるおいを補給し、日焼けによる肌あれなど防ぎます。

エーザイ 薬用ベラリス 128g

メンターム サンベアーズ アローバジェル

アロエが含まれる市販薬

荒れて傷んだ肌トラブルに対して使用する塗り薬、便秘の改善に使用する飲み薬など、ドラッグストアやオンラインストアなどで手軽に購入ができる市販薬の中にもアロエ成分を使用している薬があります。

ひび・傷・火傷などに使用する塗り薬

軟膏タイプの塗り薬で、ひび、あかぎれ、切傷、しもやけ、火傷、痔、打ち身などに効果を発揮します。

便秘に使用する飲み薬

錠剤タイプの飲み薬です。便秘に対して使用されます。また、便秘が原因でおこる肌あれ、吹出物、頭重、のぼせ、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔などにも効果が期待できます。

おわりに

アロエは古くから私たちの暮らしの中に根付いていた植物で、火傷などをした時は、庭から採ってきて薬の代わりに塗るという光景も見られました。近年、アロエ成分を使用した薬もさまざま販売されているので、症状に合わせて使用するのもひとつの手段です。薬を使用する際には使用量や注意事項をよく確認し、気になる点がある場合は薬剤師などに相談してください。