ラニチザン錠150

日本薬品工業/ 日医工ファーマ

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用はAST(GOT)、ALT(GPT)上昇等の肝機能異常、便秘、下痢等の消化器症状、好酸球増多、白血球減少等の血液像異常等です。

下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を服用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

ショック、アナフィラキシー様症状
皮ふのかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、冷や汗、息苦しさ、どうき、めまい、血の気が引く、息切れ、判断力の低下、意識の混濁など
※息苦しい場合は、救急車などを利用して直ちに受診してください。

再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少
あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、のどの痛み、皮膚や粘膜があおじろくみえる、疲労感、どうき、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿、突然の高熱、手足に点状出血

肝機能障害、黄疸
倦怠感、食欲不振、発熱、発疹、吐き気・おう吐、かゆみ、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿が褐色になる

横紋筋融解症
手足・肩・腰・その他の筋肉が痛む、手足がしびれる、手足に力がはいらない、こわばる、全身がだるい、尿の色が赤褐色になる

意識障害、痙攣、ミオクローヌス
意識の低下、考えがまとまらない、判断力の低下、顔や手足の筋肉がぴくつく、一時的にボーっとして意識が薄れる、手足の筋肉が硬直しガクガクと震える

間質性腎炎
発熱、発疹(ほっしん)、関節の痛み、はき気、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛などの消化器症状、尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない。
また、これらの症状が持続したり、その後にむくみ、尿量が少なくなるなどが見られた場合は、すぐに医療機関を受診してください。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)
高熱(38℃以上)、目の充血(じゅうけつ)、くちびるのただれ、のどの痛み、皮ふの広い範囲が赤くなる、がみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする

使用上の注意点

下記のような方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

下記のような方は本剤の服用には注意が必要です。
症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。

腎障害のある患者、肝障害のある患者、薬物過敏症の既往歴のある患者、高齢者

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中、授乳中も服用前に医師・薬剤師に相談してください。
妊娠中はできるだけ控えることとなっています。
どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。
授乳中も同様で、止むを得ず服用する場合は、授乳を避けてください。

小児、新生児、乳児、幼児に対する安全性はまだ確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
これらの薬剤のプロトロンビン時間に変動を来たしたとの報告があります。
クマリン系抗凝血剤を本剤と併用する場合は、プロトロンビン時間の変動に注意し、異常が認められた場合には投与量の調節や投与中止などの適切な処置を行うこと。

トリアゾラム
トリアゾラムの吸収が増大する可能性があるため、異常が認められた場合には投与量の調節や投与中止などの適切な処置を行うこと。

アタザナビル、デラビルジン、ゲフィチニブ
これらの薬剤の吸収が低下する可能性があるため、異常が認められた場合には投与量の調節や投与中止などの適切な処置を行うこと。

薬効・薬理

胃酸分泌細胞(壁細胞)のヒスタミンH2受容体を遮断して胃酸分泌を抑制し、抗潰瘍効果や、治癒の促進効果を示します。