アンキソール錠15mg

わかもと製薬

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用としては、胃の不快感、発疹、吐き気などがありますが、基本的に副作用の頻度は低く、安全に使用できる薬です。
一時的に痰や鼻水が増えることがありますが、アンキソールが効いているために起こることなので、ほとんど心配はありません。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・ショック、アナフィラキシー様症状
・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

使用上の注意点

■アンキソールの成分であるアンブロキソール塩酸塩に対してアレルギー反応を起こしたことのある方は使用できません。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方は使用前に医師・薬剤師に相談してください。
妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、使用しても大きな問題はないと考えられており医師の判断で使用されることが多い薬です。

■授乳中の方は使用前に医師・薬剤師に相談してください。
授乳中はできるだけ控えることとなっていますが、使用しても大きな問題はないと考えられており医師の判断で使用されることが多い薬です。

■15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

アンキソールとの飲み合わせで注意が必要な薬は、基本的にはありません。
また、抗生物質の<a href="https://minacolor.com/drug/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%8C%A0200">「クラリス」</a>や<a href="https://minacolor.com/drug/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%89%E9%8C%A0200mg">「クラリシッド」</a>、解熱鎮痛薬の<a href="https://minacolor.com/drug/%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%B3%E9%8C%A060mg">「ロキソニン」</a>、炎症を和らげる<a href="https://minacolor.com/drug/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%8C%A0250mg">「トランサミン」</a>などとよく一緒に処方されたりしますが、これらの薬との飲み合わせも問題ありません。

効果時間

血中での濃度が最も高くなるのは、服用してからおよそ2時間後です。
その後、およそ7時間で血中の濃度が半分になります。

薬効・薬理

アンキソールに含まれるアンブロキソール塩酸塩が、肺サーファクタントや気道液の分泌を促進することで肺や気道を潤しすべりをよくする作用、気管の線毛運動を活発にする作用により、気道に溜まった痰を出しやすくします。

副鼻腔炎や蓄膿症では、鼻づまりや喉の方に流れてくる鼻水の原因となっている膿(うみ)などの分泌を正常な状態にする作用、鼻腔の線毛運動を活発にする作用により、ねばついて溜まっている鼻水や膿を流れやすくします。