レクサプロの効果と副作用:離脱症状はある?

レクサプロはSSRIという種類の抗うつ薬です。レクサプロの効果や副作用、離脱症状などについて解説します。

レクサプロは、うつ病・うつ状態、社会不安障害に使用される抗うつ薬です。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という種類に分類され、安全性が高く副作用が少ないのが特徴です。

この記事では、レクサプロの効果や副作用、離脱症状などについて解説します。

レクサプロの効果

不安や落ち込みには脳内のセロトニンという神経伝達物質が関わっており、セロトニンの量が減少すると、不安を感じたり、うつ状態になるといわれています。

レクサプロには、脳内に放出されたセロトニンの神経細胞への再取り込みを阻害して、脳内のセロトニンを増やす働きがあります。

レクサプロの効果時間

レクサプロに限らず、抗うつ薬は飲んですぐに効果が現れるわけではありません。2週間から4週間程度レクサプロを飲み続けることで、効果が出はじめます。

ただし、レクサプロは他の抗うつ薬より効果が現れるのが早いといわれています。他の抗うつ薬は副作用が現れるのを避けるために少ない量から飲みはじめる必要がありますが、副作用の少ないレクサプロは初めから治療を行うための量を飲むことができるためです。

レクサプロの副作用

レクサプロは、セロトニン以外の神経伝達系への影響が少ないと考えられており、他の抗うつ薬より副作用が少なく安全性が高い薬といわれています。

レクサプロの主な副作用には、傾眠、吐き気、頭痛、浮動性めまい、倦怠感、便秘、口の渇き、腹部不快感、不眠症、下痢、射精遅延、射精障害などがあります。

通常これらの症状は、薬を飲み続けるにつれて軽減されていきます。

レクサプロで太る?痩せる?

レクサプロの副作用には、食欲亢進、食欲減少、体重増加、体重減少がありますが、発生頻度は低くなっています。

レクサプロを使用して太ったという方がいますが、これは薬の副作用というより症状が改善し食欲が増したことにより、結果的に体重が増加した可能性が高いといえます。

反対にレクサプロを使用して痩せたという方も、別の原因が考えられます。

レクサプロの飲み方

レクサプロ1錠には、成分であるエスシタロプラムが10mg含まれています。

通常成人は、1錠を1日1回夕食後に使用します。使用量は年齢や症状により適宜増減され、5mgの場合は半錠、20mgの場合は2錠を使用します。

増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日の最高用量は20mgを超えないこととされています。

使用の際は、レクサプロを処方された医師の指示にしたがってください。

お酒との飲み合わせ

他の抗うつ薬で作用の増強が報告されているため、レクサプロの使用中は飲酒を避けてください。

レクサプロの断薬と離脱症状

レクサプロは半減期が24時間以上あり、離脱症状の起こりにくい薬です。

ただし、薬の使用を突然中止すると、離脱症状である不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚、頭痛や悪心などが現れることが報告されています。

レクサプロの使用をやめる場合は徐々に減量する必要があるため、自己判断で薬の使用を中止しないでください。

おわりに

レクサプロは安全性が高い抗うつ薬ですが、使用を突然中止すると離脱症状が起こることがあります。使用や断薬の際には、必ず医師の指示にしたがってください。

ピックアップ特集