【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

レバミピド錠100mg「DSEP」

第一三共エスファ

処方薬 後発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は発疹、そう痒感、薬疹様湿疹等の過敏症状、蕁麻疹、しびれ、めまい、眠気、便秘、腹部膨満感、下痢、嘔気・嘔吐、胸やけ、腹痛、げっぷ、味覚異常等、口渇、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、ALP上昇等、白血球減少、顆粒球減少等、血小板減少、月経異常、BUN上昇、浮腫、咽頭部異物感、乳腺腫脹、乳房痛、女性化乳房、乳汁分泌誘発、動悸、発熱、顔面潮紅、舌のしびれ、咳、息苦しい、脱毛等です。


下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。
お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

・ショック、アナフィラキシー
冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼーとした息苦さ、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れるなど。

・白血球減少、血小板減少
発熱、のどの痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすい(歯ぐきの出血・鼻血・生理が止まりにくい)

・肝機能障害、黄疸
からだがだるい、吐き気、嘔吐、食欲不振、かゆみ、尿が黄色い、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる

使用上の注意点

以下のような方は本剤を使用しないで下さい。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中はできるだけ控えることとなっています。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。
授乳中の方は使用しないで下さい。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性はまだ確立していません。

薬効・薬理

胃粘膜防御因子増強薬に分類されます。胃粘液分泌促進作用のある内因性プロスタグランジンの増加作用、胃粘膜血流増加作用、胃粘膜粘液量増加作用、胃アルカリ分泌亢進作用等があります。