目の老化現象には「ロートVアクティブ」

目が疲れやすくなった、近くのものが見えづらい、目の乾燥を感じるなど。年齢を重ねるにつれて、目の不調が増えるのは自然なことです。
目の老化や老眼は40歳くらいから始まり、自覚するのは平均45歳ぐらいだと言われています。しかし、不調を感じていても「老眼」を認めるのはやはりショックですよね・・・。だからといって我慢したり、放っておいてはいけません。目の不調は放っておくと症状の進行を早めるだけ。それに、重症化すると肩こりや頭痛などの眼精疲労など全身症状になってしまいます。

近くが見えにくいなどの「老眼」の症状を感じたら早めに老眼鏡をかけて視力の低下を防ぎましょう。
それにプラスして目をいたわる普段のケアも大切です。

ロート製薬の「ロートVアクティブ」はそんな加齢による疲れ目、目のかすみ、目の渇きに効果的な目薬。


image by PhotoAc

 

目が老化する原因とは?

血行不良

目に送られる酸素や栄養は毛細血管から運ばれてきます。血行が悪くなると、目に酸素や栄養が行き渡らなくなって新陳代謝が低下。
目の機能も低下してしまいます。それに涙の素となるのも血液です。血流が滞ると涙の量も減り、目の乾燥を招きます。

乾燥

スマホやテレビの注視、エアコンなどに加え加齢によっても涙の量は低下します。涙には角膜の表面をなめらかにして鮮明な画像を脳に送る役割があるので、目の乾燥は視力の低下を招き老眼を早める原因になります。

紫外線

紫外線が水晶体に当たると活性酸素が発生。活性酸素により細胞の酸化が起こると水晶体のタンパク質が変性して水晶体が硬くなり、弾力性を失ってしまいます。紫外線は他にも白内障や加齢黄斑変性の原因とも考えられています。

 

目のアンチエイジングには「ロートVアクティブ」

ロートVアクティブはそんな加齢による目の不調に効果的な一滴です。目の細胞の新陳代謝を活性させて、目のかすみや疲れ目の他に充血や目の炎症にも効果を発揮します。血管収縮剤は配合していません。かすかな清涼感としっとりとしたさし心地で疲れた目を労わります。

ロートVアクティブ

効能・効果

目のかすみ(目やにの多いときなど)、目の疲れ、結膜充血、目のかゆみ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

用法・用量

1回1〜3適、1日5〜6回点眼してください
 

「ロートVアクティブ」の成分は?

角膜の新陳代謝を活発にする3つの成分(パンテノール、タウリン、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム)にビタミンB6、ピント調節機能を高めるネオスチグミンメチル硫酸塩をそれぞれ基準内の最大量配合。

有効成分

●パンテノール 0.1%:新陳代謝を活発にする
●タウリン 1%:新陳代謝を活発にする
●コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.5%:涙を保持する
●ビタミンB6 0.1%:新陳代謝を活発にする
●ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.005%:ピント調節機能を高める
●グリチルリチン酸二カリウム 0.1%:炎症を抑える
●クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.01%:かゆみを抑える

 

目の病気は早期発見が大切!症状が起こる前に眼科へ。

加齢によっておこりやすい目の症状には何があるのでしょうか?
一度、障害を受けた視神経は元に戻らないため、目の病気は早期発見が大切。自覚症状がないまま進行していくものもあるので、40歳を過ぎたら定期的に眼科検診を受けるようにしましょう。

白内障(はくないしょう)

老化によって水晶体に含まれるタンパク質が白く濁り、物がかすんで見えたり、光がまぶしくなる病気です。加齢の他に糖尿病も原因のひとつにあげられます。

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)

網膜(もうまく)にある「黄斑(おうはん)」という箇所の細胞が老化し、物がゆがんで見えたり、見ている物の中心がかけるなどの症状が起こります。原因は新陳代謝の低下により老廃物が排出されず視野を邪魔することが考えられます。

緑内障(りょくないしょう)

視神経に障害が起こり視野が狭くなる病気です。非常にゆっくり進行する病気なのでなかなか気づかず、自覚症状があらわれるころにはかなり進行した状態になっています。治療が遅れると失明に至ることもあるので定期的な眼科検診を受けるようにしましょう。
 

目の健康のために生活の中で出来ること

それでも目にとって一番の薬は「休息」に他なりません。
以下のような点に注意して生活することで目の老化を防ぐことができます。

十分な睡眠

1日働いた目を十分に休めるためには最低4時間、できれば6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

禁煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮するので、血行不良をおこしやすくなります。それに、タバコの煙が目に入ると目の乾燥を招くので、いいことはありません。

作業のあいまに軽い運動

デスクワークでは休憩時間を使って、ストレッチや軽く散歩して座りっぱなしで滞っていた血液をしっかり流しましょう。血行が促進されることで疲れ目が改善されます。

疲れ目に有効なツボ

目の血行促進にはツボ押しも効果的です。

【さんちく】
眉頭にあるツボです。指で触ると大きな窪みがあります。親指の腹で押し上げるようにやわらかく押しましょう。
ゆっくり3秒数えながら押して、3秒で離す。これを3〜4セット繰り返すとじんわり血液が流れるのが感じられます。

【太陽】
眉尻の延長線上にある窪みです。こちらも親指の腹を使って、ゆっくり3秒数えながら押し、3秒で離します。同じく3〜4セット行いましょう。

 

おわりに〜目薬の正しい使い方〜

目薬は眠る直前にささないで!

1日の目の疲れを癒すために、ベッドで目薬をさしてそのまま眠る人もいるかもしれませんが、睡眠中は起きている時のように涙が分泌されません。目薬の成分が長く目の中に止まり、目に刺激を与えてしまう可能性があります。点眼はベッドに入る5〜10分前に行うようにしましょう。

市販の目薬は1〜2ヶ月を目安に

ロートVアクティブのように防腐剤が入っているものでも使用期限は2ヶ月程度です。雑菌による感染症を防ぐためにも、使用期限を守ってお使いください。

市販の目薬を使用して違和感があったら、すぐに眼科を受診して医師の適切な治療を受けてくださいね!

※食べ物で目のトラブルを改善したい・・そんなときには以下の関連記事もおすすめです※
→関連記事:目に良い食べ物&レシピ3選!疲れ目・ドライアイ・眼精疲労を解消しよう!