ロキソニンを頭痛や痛みの「予防」に使うのは良くない?!痛み止めと薬物乱用頭痛の注意ポイントを解説

頭痛の時の頼もしい味方であるロキソニンなどの痛み止めですが、痛み止めを飲みすぎることで逆に頭痛を引き起こしてしまうこともあります。 この記事ではそんな薬物乱用頭痛について解説していきます。

痛み止めのお薬に頼りすぎると頭痛が慢性化して「薬物乱用頭痛」になることも

頭痛時の痛み止め薬は、私たちの生活にとってもっとも身近なお薬のひとつかもしれません。

頭痛や生理痛に使える市販薬は古くからありましたし、最近では処方薬でよくつかわれていた解熱鎮痛剤であるロキソニンの市販薬版「ロキソニンS」の登場もあり、より日常生活のちょっとした痛みにお薬で対応することができるようになってきました。

市販薬は正しく使うことで、私たちの日常生活?ライフスタイルをよりよくするための強力なサポーターとなっています。
また、基本的には安全性が高い成分のみが市販薬として許可されて販売されています。

それでも、用法用量を守らなかったり、不必要に乱用することで副作用の発生や健康悪化につながってしまうこともあります。

なかでも頭痛薬を必要以上に使用することで新たに頭痛が起きてしまう「薬物乱用頭痛(やくぶつらんようずつう)」というものがあります。
薬物乱用頭痛は、「頭痛が月に15日以上でてしまう」という症状の病気で、頭痛薬の使いすぎが引き金となる頭痛です。

今回は薬物乱用頭痛の特徴と、ロキソニンSをはじめとした市販の鎮痛成分を使うときに注意しておきたいことをご紹介します。
 

「頭痛の予防」に市販の鎮痛剤を使う方は特に注意!市販の頭痛薬に頼りすぎると頭痛が慢性化して薬物乱用頭痛になることも

頭痛が頻繁におきてしまう方がその都度市販の痛み止めを使ったり、まだそれほど頭痛の症状がでていない状況で「予防的」に鎮痛剤を使ってしまっているような方は、それによって頭痛が慢性化してしまう恐れがあります。

「市販の痛み止めを1ヶ月に15日以上飲んでいる」方で、偏頭痛や緊張型頭痛ではない場合は、頭痛の原因が「薬物乱用頭痛」という頭痛薬の飲みすぎによる頭痛である疑いがでてきます。

これは、アセトアミノフェンや非ステロイド系の鎮痛剤(NSAIDs)などを痛み止めとして高頻度に使うことで、「今日は大切な用事があるから念のため事前に飲んでおこう」「頭が痛くなったら困るので飲んでおこう」といったように、鎮痛剤への依存がエスカレートし、結果的に薬の効き目が持続する時間が短くなったり、薬そのものによって頭痛が起きてしまうような病気です。
 

薬物乱用頭痛になるのは「偏頭痛」か「緊張型頭痛」の人だけ

薬物乱用頭痛になるのは、もともと偏頭痛や緊張型頭痛を持っている人に限られます。関節リウマチなど長期的な痛み止めの服用が本当に必要な方が鎮痛剤を使っても薬物乱用頭痛はおこりません。
 

鎮痛剤を使うことがダメなわけじゃない!本当に症状がある時に、用法用量を守って使うことが大切

偏頭痛の場合は、偏頭痛に特化した処方薬があるため、基本的には病院で偏頭痛の診断と偏頭痛用のお薬を処方してもらうのが最適でしょう。また、緊張型頭痛の場合は根本的な治療として緊張の原因をなるべく排除しつつ、病院で必要量の痛み止めを処方してもらい用法用量を守っていくことで薬物乱用頭痛を避けることができます。

これらの治療をせずに、市販の痛み止めに依存してしまう点に注意が必要なのです。
 

もし薬物乱用頭痛になってしまったら:薬物乱用頭痛の治療法

もし「薬物乱用頭痛かも?!」という状況になった場合は、まずは内科などの医療機関にご相談ください。

基本的には、
①思い切って痛み止めのお薬を2ヶ月間中止する
②痛み止めの中止中に起こる頭痛を違ったお薬などで対応する
③予防薬や原因となっているお薬以外での治療を行う

といった対応をとることになるでしょう。
この時、どんなお薬などで治療をすればいいかは医師に相談したほうがよいので、まずはあまり心配しすぎずに病院に相談することが大切です。
 

薬物乱用頭痛にならないために気をつけておきたいポイント

薬物乱用頭痛にならないためには、日頃から頭痛薬を飲みすぎないことが大切です。

特に以下のようなポイントに注意していきましょう。

  • 市販の頭痛薬の利用は、月間で10日以内にしましょう。
  • 市販の頭痛薬の使用は服用量・服用回数を守りましょう。
    特に、アセトアミノフェン、イブプロフェン、アスピリン、ロキソプロフェン(ロキソニンSなど)などの成分のお薬は頭痛での飲みすぎに注意しましょう。
  • 処方薬の頭痛薬は必ず医師が指示した用法用量を守って使いましょう。また、日頃のお薬の使用状況は医師や薬剤師に伝えましょう。
  • 市販の痛み止めを頭痛の「予防」に使うのはやめましょう。市販の痛み止めは、頭痛などの痛みが出た後に飲むように設計されています。
  • 頭痛でお薬を飲むときはなるべく単一の鎮痛剤を飲みましょう。総合感冒薬・風邪薬は、痛み止め以外の成分も多く含まれているので頭痛の治療に使うときは避けたほうが無難です。

市販の頭痛薬の選び方のポイントもご参考ください。

関連記事:【頭痛編】頭痛時の痛み止めの市販薬を選ぶときのチェックポイント4選
 

おわりに

市販薬は、私たちの生活やライフスタイルをよりよくするためのとても心強いサポーターではあり、用法用量を守って使用するぶんにはほとんど副作用なども起こらず安全性が高めなお薬ではあります。

しかし、「なんか、使い方が極端におかしいな・・・」「市販薬では治らないのかな・・・」といったことを感じるようなことがあったときは、恥ずかしがらずに医療機関に相談していくことも大切でしょう。

ロキソニンのお役立ち情報

ロキソニンに関連するQA

dメニュー