薬の服用中は、食べ合わせや飲み合わせによって、作用が強く出すぎたり、逆に効果が弱くなったり、場合によっては副作用が出やすくなったりする「相互作用」が生じてしまうことがあります。
ワーファリンには、相互作用を起こす食品が多く報告されいるため、注意すべき食品を知っておくことが大切です。

ワーファリンの特徴

ワーファリンはエーザイから販売されている薬の商品名で、血栓(血の塊)ができるのを予防する薬です。成分はワルファリン(ワルファリンカリウム)を主としています。

ワーファリンは、抗血栓薬のひとつである「抗凝固薬」に分類される薬で、血液を凝固させる物質(凝固因子)の働きを抑制して血液を固まりにくくし、血管内や心臓内での血栓ができるのを予防します。

主に、エコノミークラス症候群などに見られるような、血流が滞ることによって起こる静脈血栓症や肺塞栓症、脳塞栓症などの血栓塞栓症の治療及び予防に使われています。

ミナカラおくすり辞典:ワーファリン錠1mg ワーファリン錠5mg ワーファリン錠0.5mg ワーファリン顆粒0.2%

血液をサラサラにする薬は2種類ある

血栓予防や治療に使われる薬には、ワーファリンのような「抗凝固薬」の他に「抗血小板薬」があります。

抗血小板薬は、血症板同士の結合を抑えて血が固まるのを防ぐもので、代表的な薬はバイアスピリンです。バイアスピリンは、主に動脈硬化などによる心筋梗塞、脳卒中などの治療や、乳幼児にみられる川崎病にともなう心血管障害を抑えるためにも使われています。

同じ血液をサラサラにする薬でも、ワーファリンとバイアスピリンは作用が異なり、両者は血栓のでき方によって使い分けます。

バイアスピリンは、比較的食べ物による相互作用は少ないとされていますが、ワーファリンは、禁止される食品などがあります。
ワーファリンを服用する人は、相互作用を起こさないために、避けるべきものを知っておきましょう。

なお、バイアスピリンの食べ合わせに関してはこちらの記事をごらんください。
関連記事:バイアスピリンは納豆、グレープフルーツは食べてもいいの?食べ合わせや飲み合わせについて

ワーファリン服用中はビタミンKに注意

そもそも血栓は、出血した時に血を止めるためのプロセスのひとつとしてできるものです。
血液中には、出血した時に血を固まらせる物質(血液凝固因子)が多数あり、そのいくつかがビタミンKによって合成されます。  

ワーファリンは、ビタミンKの働きを阻害して血液が固まるのを防ぐ働きをするため、その作用から、「ビタミンK拮抗薬」とも呼ばれるようになりました。

本来、ビタミンKの働きは、血を止める・骨を丈夫にする・動脈の石灰化を防止するなどの大切な働きがあり、不足すると鼻血や胃腸からの出血、骨粗鬆症や骨折を引き起こすことがあるため、成人では1日150μg(マイクログラム)程度の摂取は必要とされています。
ところが、ワーファリン服用中にビタミンKを多く摂取すると、ワーファリンの効果が弱められてしまうため、食品には注意が必要です。

相互作用を防ぐためにも、注意すべき食品を確認しましょう。

ワーファリン服用中の注意すべき食品

ワーファリン服用中には、以下のものはビタミンKが非常に多いため注意してください。

納豆

納豆 1パック(40g) のビタミンK含有量は240μgと非常に多く、納豆の摂取後も、納豆菌が腸内で72時間もビタミンKを合成し続けるといわれいます。少量の摂取でも多量のビタミンKを摂取したことになってしまうため、納豆は禁止とされています。

青汁

青汁1袋(3g) のビタミンK含有量 は12.3μg~99μgですが、1日3袋飲むと、最大297μgのビタミンKを摂取することに なります。青汁は緑黄色野菜が主原料となり大量のビタミンKを含んでいるので禁止とされています。

クロレラ

クロレラ1日分の量(約3~8g)を飲むと、 約46~288μgのビタミ ンKを摂取することになるため、クロレラも禁止とされています。

緑黄色野菜は大量摂取に注意

ビタミンKは、ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、生わかめ、ひじきなどの海藻類にも多く含まれています。
納豆、青汁、クロレラのように禁止とはされていませんが、これらは一度に大量摂取をしないようにしましょう。

ワーファリン服用中のよくある質問

納豆を食べてしまったらどうすればいい?

納豆を食べても直ちに血栓ができるわけではありませんが、ワーファリンの効果がほとんどなくなるとされ、効果が戻るまでに数日~1週間ほどかかることもあります。治療に支障が出るため、今後服用中には食べないようにしましょう。

オクラなどのネバネバ食品は食べてもいいの?

納豆以外のオクラや長芋、なめこなどのネバネバ食品は、ビタミンKを含んでいないため食べても大丈夫です。

グレープフルーツは?

グレープフルーツは食べても大丈夫です。グレープフルーツに注意が必要なのは高血圧に使う薬で、併用すると作用が効きすぎて低血圧を招くことがありますが、ワーファリンは問題ありません。

お茶は?

茶葉にお湯を注ぐ通常のお茶として飲む分には問題ありません。ただ茶葉そのものにはビタミンKが多く含まれているため、抹茶や粉茶などは避けるようにしましょう。

お酒・アルコールは?

アルコールはワーファリンの効き目を弱くし、血栓ができやすくなります。また、多量のアルコールによって肝機能が弱くなると、今度は作用が強くなることがあり、血が止まらなくなったりします。なるべく避ける方が良いのですが、もしアルコールと飲んだら、ワーファリンは6~7時間空けてから飲むようにしましょう。

他の薬との飲み合わせの相互作用についてはこちらをご覧ください。
関連記事:ワーファリンの相互作用:風邪薬や抗生剤は併用していいの?薬物間相互作用について

さいごに 誤った情報や理解で薬の服用を中止しないこと

ワーファリン服用中は、禁止されている食べ物や薬はあるため、それらを知っておくことが重要ですが、グレープフルーツのように、ワーファリンとは相互作用がないものにもかかわらず、誤った理解によって混乱し、薬の使用をやめてしまうというケースがあるようです。

治療中は、勝手に薬の使用をやめてしまうということは大変危険です。
ワーファリンに限らず、自分が飲む薬についての注意点は、正しく理解しておくことようにしましょう。