水いぼ(みずいぼ)とは

水いぼ(みずいぼ)は、正式名称を伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、伝染性軟属腫ウイルスに感染することによって起こります。

水いぼは初めは狭い範囲にできますが、ウイルスが増殖すると次第に広範囲に広がっていきます。特に水いぼが潰れるなどして中の液が体の他の部位につくことによって水いぼの感染範囲が広がることが多いです。

「伝染」の名前の通り人に感染し、特に肌のバリア機能が弱い幼児・小児によく生じます。

基本的には放っておいても自然に治りますが、それまでには長い期間がかかります。

プールの水で感染することはありませんが、肌の接触やタオル、ビート板、浮き輪などの共用によって感染することが多いです。

このために保育園や幼稚園などでは水いぼがあるとプールに入れてもらえないことが多いですが、水いぼがあるからといって学校を休む必要はありません。プールに関してもタオルやビート板の共用や肌の接触を制限すれば参加できることもあるので、施設や学校との話し合いが必要となります。

基本的な治療法はリドカインのテープなど局所麻酔をしながらピンセットで水いぼを取り除いていく方法があります。

しかし中にはピンセットでの処置を怖がってしまい治療が難しい子どももいます。水いぼはほとんどの場合かゆみや痛みはなく、広がることはあっても、その後は放っておいても完治します。医師も子どもに恐怖心を与えてまで無理にピンセットによる治療をすることを選択しない場合があります。

さらに詳しく水いぼ(伝染性軟属腫)について知りたい方は以下の関連記事を参考にしてください。

イソジンによる水いぼの治療法

医師にもよりますが、子どもが怖がらず治療できる方法を選ぶこともあります。

その中の1つに本来の効能外ではありますがイソジン液とスピール膏を使った療法があります。

入浴後にイソジン液を塗り、その上にスピール膏を水いぼと同じ大きさで切り、貼り付けます。その上からばんそう膏で固定します。1週間すると水いぼが赤くなってきます。その後も2〜3週間イソジン液のみ塗り続ける治療方法です。

イソジン液やスピール膏は単体でも水いぼに使われるようですが、合わせて使うことでより治療期間を短くできます。ただし、この治療法は医師が適切と判断した上で行われます。

市販薬のイソジン軟膏で治療はできるか?

市販薬にもイソジン液と同じ有効成分のポビドンヨードを含む医薬品として、シオノギヘルスケアから「イソジン軟膏」、株式会社明治から「明治きず軟膏」が販売されています。

しかし、医師の診断・指示なく市販品のイソジン軟膏などを水いぼに使うことは控えてください。

イボには様々な種類があり素人にそのイボが水いぼかどうかを判断することは難しく、医師の判断なしにイソジン軟膏で治療を行うと症状悪化の原因になりかねません。

また、市販薬のイソジン軟膏などを自己判断で水いぼに使った場合、悪化や副作用が起きた時に「医薬品副作用被害救済制度」による保障を受けることができません。

もし、イソジン(ポビドンヨード)での治療を希望する場合は皮膚科や小児科の医師に相談してください。

おわりに

水いぼをイソジンを使って治療することになっても、治るまでには個人差があり、中には数ヶ月かかる方もいます。

時間をかけたくない場合はピンセットによる摘除、もしくは液体窒素によって患部を低温やけどにする方法がありますが、水いぼの数が多い場合はどちらの方法も何週間もかけて少しずつ治療していく必要があります。

水いぼの治療や完治には時間がかかることを念頭に置く必要があります。水いぼの数が少ないうちに治療をはじめれば比較的短期間に完治できるため、「水いぼかな?」と思われるつぶつぶを体に見つけたら、できるだけ早く皮膚科もしくは小児科へ受診することが大切です。