サカモト黄連解毒湯エキス顆粒−S

阪本漢法製薬

処方薬 先発

基本情報

副作用

サカモト黄連解毒湯エキス顆粒−Sは、残念ながら副作用の発現頻度が明確になるような調査をしていないため、副作用の出やすさなどは公式の見解がありません。起こる可能性がある主な副作用として、発疹、蕁麻疹、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などがあります。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・間質性肺炎
・肝機能障害、黄疸
・腸間膜静脈硬化症

使用上の注意点

◼︎著しく体力の衰えている方は、副作用があらわれやすくなる可能性があるため、使用後の体調の変化にご注意ください。

◼︎他の漢方製剤などを併用する場合は、含有生薬の重複に注意してください。

◼︎高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

サカモト黄連解毒湯エキス顆粒−Sとの飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。